FC2ブログ

マラッカ航海日誌補遺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【犯罪】 東南アジア某所にて 2007年4月26日撮影 [crime] White Sex Tourists in S.E.Asia

コメントのしようがない。.

これでもまだ「東南アジアで児童買春しているのはほとんど日本人」などと言い続けるつもりだろうか。それは自虐というよりむしろ「うぬぼれ」といったほうがいいくらいである。

imgp3244.jpg

imgp3245.jpg

いま東南アジアでこんなことをしている日本人はまずいないだろう。もちろん最近急に白人がこういうことをやり始めたのでないのは言うまでもない。

白昼堂々とこのざまである。この刺青したごろつきたちは「孤児と遊ぶボランティア」だとでもいうのだろうか。

東南アジアの児童買春は今なお非常に深刻である。かつて日本人などアジア系セックスツーリストが児童を買っていた「置屋」での児童買春の取り締りがすすみ、「子供を買っているのが白人ばかり」という状態になったことによって事態は却って深刻になっている、とさえいえるだろう。白人がやる悪事は有色人種の悪事と違い、マスメディアにさらされ強く批判されることが少ないからである。

被写体の「ココログ掲載」許可あり。

ウソだと思うなら本人たちに聞いてみればいい。

くだらない難癖つけてこないように。

つくづく思うのは、もしもこの海兵隊野郎がモンゴロイド系か黒人で、手を引かれて連れて行かれていく少女が白人だったとしたら、世の中どんな大騒ぎになっていたことだろうかということ。想像してみて。場所はヨーロッパの最貧国でもいい。

もしそのような現実があるとしたら世界中の白人メディアが殺到するだろうが、その前にただちに権力が動くだろうから(もしその国の権力が動かないときはアメリカのゲバルトが)、そのような現実がおびただしく展開するということはほとんど考えられない。

しかし、こういう(肌色逆の)写真一枚が流出したとしたらどんな大騒ぎになるか。そういう写真一枚で白人メディアは連日の狂騒を引き起こし、国際的な公的機関を動かすに十分だろう。

植民地主義時代以来の世界の枠組は今もなお健在である。

これらについて少し想像力を働かせてみれば、「人権」も、「女性の権利」も、フェミニズムも、「子供の人権」も、(子供の)「性的自由」も、なにもかも、これらのお題目は「白人の世界支配」という構造の中でのみ存在し機能しうる、白人イデオロギーに過ぎないということがわかるはずである。

(この記事はリンクフリーです)

http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/05/ranon_kaw_thaun_2b26.html 【“【犯罪】 東南アジア某所にて 2007年4月26日撮影 [crime] White Sex Tourists in S.E.Asia”の続きを読む】
スポンサーサイト

日本敗戦後のタイ人による日本人虐殺事件

こういう事件はまったく知られていませんね。私もこのブログではじめて知りました。
 

タイの黄金伝説  封印された日本人虐殺

タイ人の間では知られた話だそうです。ソースは嫁さんw

先の大戦中、日本軍が大量の金塊をタイに持ってきた。当時は日本兵と現地人とでの結婚も多く、子供も結構居たとの事。
日本敗戦後、兵士は荒れた日本に妻子を連れて行けず、現地に残すことにした。で、あった金塊を妻子達のために隠したという。

実際、イサー(イシャーに発音が近い)という日本兵の恋人だった女性が子供を作り、日本兵が金塊を残したらしい。それでデパートを開いたという。ただ、そこまでの道のりが綱渡り。下手すれば喉を掻っ切られるのだ。TVのドラマになったそうだ。VCDは出ていない。

日本敗戦時、兵士が引き上げた後を狙って、現地人が日本兵の妻子を襲った。金塊のありかを聞くためだ。だが、知らないのか言わなかったのか、全員喉を掻っ切られた。子供や乳幼児まで。
ただ、イサーは日本人とは結婚していなかった。子供は田舎で出産した。そのまま田舎に預け、虐殺の危機を逃れた。しかし、いきなり金塊を使い出すとすぐばれる。だから何かを始めても危害を加えられないバックが欲しかった。そのうち、うまくタイ陸軍のお偉いさんの妾になれた。陸軍のえらいさんの妾に手を上げるバカは居ない。で、イサーはデパートを開けた。

他所の土地に居た日本人の子供たちは、皆完全にタイ名にし、タイ人だと名乗り殺害や暴行などから逃れた。

嫁さんは、「米軍兵がタイ人恋人に産ませた子供を、米軍は登録してくれるのに、なぜ日本はしないのだ?」と怒った。

私「虐殺を日本が調査していいのか?タイの面目がつぶれるだろ?戦勝国が許さないだろ?だからできるわけ無い。タイ政府が虐殺を認めないからだ。」

嫁「米軍が調べりゃいいじゃない」

私「戦勝国どうして、どうして日本のためにそんなことする?するわけ無いだろ?戦勝国は日本に何してもよかったのだから」
嫁、納得。

中国や朝鮮でも、避難民の女子供を狙った虐殺はいたるところでありました。
タイでもあったのですね。まぁ、無いわけないかw

でも、今でさえ、不景気になれば、もしくは金の価格が上昇すれば「日本軍の黄金」伝説がよみがえってきています。

日本の女子供を虐殺したタイに、日本企業はものすごく貢献してあげてるんですよね。
たいした太っ腹だ。日本人にはタイ人以下の給料しか出さなかったりするしね♪

http://ttjtkhs.at.webry.info/200801/article_58.html

 

このブログ主はタイ在住でタイ人と結婚しているにもかかわらず、タイヲタにならないばかりかタイの悪いところをタイから発信しているという奇特な人です。下手したら命にかかわる行為。

だいたいタイに住んでしまった時点で、それぞれの分野においてエリートとはいえない(「タイ研究」という分野があるとしても学問の世界においてまともな分野として扱われていないだろう。上座仏教を研究するためにタイ仏教を扱う人は少ないと思う。現代の上座仏教を研究する人ならスリランカかミャンマーの仏教を扱うもの)。

それどころか、男性が仕事でタイ滞在する場合どんな堅物でも風俗遊びは避けて通れない現実があるようなので、仕事でタイに住んだ時点で普通の常識からみたら最低に醜悪な生活を半ば強いられることになるだろう。

つまり、タイにいるというだけでも「引け目」をもつ理由は十分にあるのである。

それだけにタイ滞在者は却って、タイを美化する発言をしたがり、「日本にはないタイの良さ」なるものを誇張して日本をけなし反日に走ったり、あるいは韓国人中国人を叩くことで憂さを晴らしたりする、ということになりがちである。

まして、タイ女性と結婚したというようなことになれば、必ず、どこで拾ったんだ、ゴーゴーか、バービアか、メーサイの置屋から拾ってきたのか、いくらだった、へ?本当に素人なのか、それなら俺にもひとつ世話してくれ、・・・・というようなことをいわれることになるだろう。

白人なんか平気でそんな話をしあっている(彼らは日本とちがって結婚で戸籍がどうのという観念がないのでタイでの数年の滞在でバーの売春婦と正式に結婚してしまうことも多いようだ。ただしそのあとのカネのむしりとりで破綻する人続出だと思う。白人とタイ人妻の刃傷沙汰も多いようである)。

この点では日本はまだ甘いほうである。誰が植えつけたのか変なタイ幻想が蔓延していて、特に右の人たちの間に強固だからである。

しかし、日本人には言われなくても国際的には当然のようにそういう目で見られる。タイ人妻を連れて世界を旅行すればたいていの場所でそういうふうに見られるだろう。

だからこそ、このブログの人のように、タイで働いていてタイ人妻と結婚していながら、そういう自分の立場への世間の評価を低めることはあっても高めることはありえない日本人のタイ幻想の打破、タイおよびタイ人の醜い現実の暴露という行為ができるということはそれだけでも偉いことなのである。
 
 
敗戦前後の日本人虐殺と言えば、ロシア兵による満州居留日本人強姦略奪虐殺事件はまだ知られているほう。9月になってからもソ連軍は北海道に向けた侵略をやめなかった。日本軍は降伏してからも北ではソ連軍と戦争していた。そのほかに上陸したアメリカ兵による大量レイプがあった。

いわゆる「第三国人」による戦後の狼藉行為などはインターネットでは広く知られているものだと思っていたが、そうでもないらしいということがわかってきた。

「ニフティ」や「ヤフー」しか使っていない人達の中には、そんなことは聞いたこともない、そんなことを言うのは右翼にちがいないと思う人もいるようだ。

沖縄の集団自決に対する「日本軍の強制」はあったかという質問をニフティの「アバウトミー」でしてみたら、「それが歴史の真理である」という選択肢を選ぶ回答が圧倒的だった。2ちゃんねらーはニフティ「アバウトミー」は「ニダー」の巣だからだと言うだろうか。私はそうは思わない。

2ちゃんねるの中でいくら常識でも、2ちゃんなど見たことも無い、絶対に覗かないという人もネットユーザーには多いので、2ちゃんでいくら叫んでいても仕方が無いことがある。

本当に多くの人に知ってもらいたいことがあるなら、自分でブログを作って書いた方が匿名掲示板にグダグダ書くよりはよほど有効だと思う。

しかしなぜか2ちゃんねらーはそういう労力を惜しむようである。

2ちゃんねらーは知らないかもしれないが、たとえばYouTubeで韓国や韓国人、在日韓国朝鮮人を批判するコメントをすると、直ちにスパム認定されて普通には見えないようにされてしまうという現実がある。

たとえば「日本の右翼やヤクザの多くは在日韓国朝鮮人である」という英語書き込みを誰かがすると、そのコメントはすぐにスパム認定されて検索にもかからなくなる。「現在の在日は自分の意思で日本に残ったあるいは来た人達である」という書き込みもスパム認定される。

私はこれらのコメントが事実かどうか知らないが、問題はそういうことでなく、反論がなされるのでなくYouTubeのシステムによって発言自体がほとんど抹殺されてしまうことである。

だから、私は韓国や中国を批判するサイトが存在することはぜひ必要だと思う。このような圧力が存在する以上、よほどがんばり続けなければならないと思う。

ただ、馬鹿の一つ覚えのような叫びでは訴求力はないし、たとえばニフティ利用者の目にはまったく入らないというような限られた特殊な空間で叫んでいるだけでも駄目だと思う。馴れ合いで自慰しているのでは話にならない。

また、韓国や中国が嫌いだからタイだ、東南アジアだ、韓国中国は駄目だがタイはすばらしいといった言論は、愚かで見当はずれな以上に卑屈で醜悪である。

これらの人たちは、自分が心理的に依存できる「親日国」を探し回っているだけである。それは「どうしても親日国がないと心細い日本人の姿」を世間に晒して見せているだけのことであり、今日の日本人の自尊心のなさを象徴する見苦しい行為である。

いうまでもなく「自尊心」は「他人がどう評価しようと、理解されようとされまいと、無条件に自分が一番だ」という前提に立つものである。このような無条件の前提は本来、他者の理解にはなじまないものであり、他人に向けて主張しても意味がないものである。ただ、その前提はあえて言わないが堅持した上で、理解されうる具体的な主張を自分のためにしなければならない。

また、それは「人格の尊厳性」と言ってもいいが、すぐに「みんなに平等な人格の尊厳」という形で無責任平等主義に逃げるものではなく、まずもって「自分に配分された」人格の尊厳性についての責任を果たすことに集中するものである。

「愛国心」もこれと同じではないだろうか。それは無条件なものでなければならないし、他者を持ち出して相対化できるようなものではない。そういうことをしようとするのは無責任な逃げである。

つまり、本当に愛国者なら中韓を叩いて愛国心を確認するなどはいうに及ばず、「タイはすばらしい」とか「○○は親日国」「○人は親日」などという寝言をいうことはありえないということである。
  

CIAの秘密拘置所がタイ国内に? アルカイーダ関係者に対する拷問まがいの尋問が行われていた可能性

タイがCIAだらけ、FBIも事実上の捜査権を行使しているということは普通にアメリカ人も言っているので、タイ国内にアメリカの秘密施設があったとしても少しも不思議ではないでしょう。キューバにあるくらいなんだから。タイみたいなアメリカ大歓迎、北朝鮮も大歓迎のひたすら事大主義の国に何もないほうが不思議なくらい。

ベトナム戦争のときは米兵の慰安のために町まで作って大量の慰安婦を供給。その慰安婦は「売春婦」でなく「ガールフレンド」だというところが味噌。誰だって「売春婦」世話してもらうよりは好きにやれる「ガールフレンド」世話してもらうほうがいいでしょう、ってこと。
 

タイの地元新聞を読む」より 

CIAの秘密拘置所がタイ国内に?

 CIAの秘密拘置施設がタイ国内に存在し、そこでアルカイーダ関係者に対する拷問まがいの尋問が行われていた可能性が再浮上している。

 同様な指摘は2005年にもなされ、当時はウドンターニー県内にあるアメリカのプロパガンダ放送局VOA・自由アジア放送用の送信施設が秘密拘置所として利用されていたとの疑惑が指摘されていた。

  ワシントンポスト紙によると、秘密拘置所は2001年頃に設置され、疑惑が浮上した2005年に、CIAの在バンコク責任者が秘密拘置所内でアルカイーダ 関係者対して水責めによる尋問が行われている模様を撮影したビデオテープの廃棄許可の伺いを本国に打電していたという。

 

パタヤ日本人殺害事件 知人の邦人、再逮捕 タイ

タイ警察の捜査なので当てにはなりません。
 

1月17日19時1分配信 時事通信

 【パタヤ(タイ中部)17日時事】タイ中部チョンブリ県の山中で東京都足立区、不動産業中園浩さん(67)の他殺体が見つかった事件で、タイ警察当局は 17日、別の事件で逮捕していた同県に住む無職佐々木利彦容疑者(53)を殺人容疑で再逮捕した。同容疑者は容疑を否認している。
 調べによると、佐々木容疑者は昨年12月中旬、現金を奪う目的で中園さんを計画的に殺害した疑い。中園さんは同月14日、新バンコク国際空港に到着し、 レンタカーで迎えに来た同容疑者と会った後、行方不明になった。警察当局が同容疑者宅を捜索したところ、中園さんのパソコンや現金311万円、札束の帯封 を発見。窃盗容疑などで逮捕していた。 

 
タイ人がやってる可能性も高いといわなければならない。

どの国の警察も誤認をすることはあるが、タイの場合は、被害者の人種、国籍、門地、財産等によって罪を「着せる」相手が変わってくることがあるだろう。

白人の被害者が出た場合にその周辺にいた無実のタイ人は大変である。

スコータイの日本人女性殺害事件のほうはどうなったのかな?日本人男性容疑者の氏名まで公表したはずだが。

前記事: 【タイ】両手足切断遺体発見 不明の邦人男性かhttp://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/12/post_2c0a.html

スコータイの事件: タイ当局、日本人女性殺害事件に関し日本人に嫌疑を向ける 日本男性の実名を報道機関に公表http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/12/post_da03.html

 

チャクリ王朝(現タイ王朝)と清朝(中華皇帝)との関係

泰国の現王室の初代、鄭華(ラーマ1世)が即位し、チャクリ王朝を開いたのは1782年。中国は清の時代。ラーマ1世は「乱心をきたしたトンブリー王朝のタークシン王を殺して即位した」ということになっている。

ちなみにトンブリー王朝を建てて一代でつぶしたタークシン王(タクシン首相とは関係がない)は「潮州系中国人の子で、父親は賭博場で税徴収をしていた」といわれ本名は「鄭昭」といった。

ラーマ1世こと鄭華は、トンブリー王朝の臣籍に属するマフィアの親分のようなものだったが、要するに謀反によって王朝を乗っ取ったのである。(「乱心をきたした」国王を殺しというが、現国王プミポン氏もすでに側近の医者からは半ば乱心扱い、ボケ扱いされているといううわさがある)。

以上のことは「タイ国王の由緒」というエントリーで紹介したとおり。

今回提起したい問題は、現タイ王朝・チャクリ王朝と中国皇帝(清朝)との「中華秩序における位置関係」の問題である。これは日本と無関係なことではないと思うからだ。

ラーマ1世が即位したとき、他のアジアの王朝同様、当時の中国政府に建国の報告をした。その後中国から返ってきた答えは「シャム国(タイ国)の新しい王鄭華は、父タークシン王の意志と遺領を受け継ぐことを認める」となっていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E7%8E%8B%E6%9C%9D

康煕・雍正(ヨウセイ)・乾隆(ケンリュウ)帝三代が、清の最盛期だ。この時期、モンゴル、チベット、東トルキスタンを征服し、元に次ぐ大帝国を形成した。また、李氏朝鮮、ベトナム(越南国阮朝)、タイ(チャクリ朝(現王朝))などが属国となった
http:あの光//homepage2.nifty.com/ekondo/rekisi2/ching.html

 
つまり現タイ王朝はその成立時点において清に朝貢しており、中華秩序において中国の属国であることを認めている。そしてその後も「独立宣言」をしたことはないということである。

日本の王朝も神代の時代には当時の中華皇帝に「報告」していただろうが、その後、明確に天皇と中華皇帝は対等であることを宣言している。つまり独立宣言、対等宣言をしている。(隋がすでに漢族の王朝でなかったこともあるのかもしれないが)。

チャクリ王朝は清朝の属国になっただけであって今の中国とは関係がない、というかもしれない。しかしそれは中華の論理では無理だろう。

中国は易姓革命の国で、天子はもともと万世一系ではない。いまはたまたま中国共産党が中華皇帝の座についているだけである。

中華秩序の論理から言えば、タイの現王朝ははっきりと中華皇帝の柵封を受けているのだから、タイ国王は中華皇帝(いまは中国共産党)の臣下の地位にあるということになるだろう。

そうであるとすれば、タイ国王の下にある者が、中華皇帝のはるか下位にあり、中国に隷属するのは当然である。

つまり日本人がタイ国王の臣のように振舞うということは、自動的に、日本人が中国の臣民よりはるか下方に位置して中国に隷属していることを意味する

対等であってもダメである。

というのは、「日本の天皇がタイ国王と対等である」ということは、中華の論理から言えば、タイ国王が中華皇帝の臣下である以上、天皇はタイ国王と並んで中華皇帝の臣下の位置にある、ということを意味するからである。

だから外交儀礼上、日本の天皇がタイ国王と対等であるかのように振舞うことは、中国との関係で日本にとって非常にまずいことだということになると思う。

数年のうちにタイ国王は死去し、皇太子が即位する可能性が高い。

その場合には天皇陛下も何らかの形で儀式に関与せざるを得ないことになるだろう。

そういう場合でも、天皇がタイ国王と対等に振舞うことは中華皇帝(中国共産党)の下位に身を置くことを意味するのだ、ということを日本政府はよく認識すべきだと思う。

そして日本政府、外務省、宮内庁は、タイ国王戴冠60周年記念式典のときのような失態を繰り返させないようタイ政府にあらかじめ強く警告しておくべきである。あの時タイにいてテレビを見ていた日本人はみなあの光景を見ていたのである

しかしタイ王室が戴冠60周年記念式典で「礼儀知らずの野蛮さ」を暴露してくれたことは、彼らが中華秩序云々未満=文明の外にあるということを見せ付けてくれたという意味では日本にとってむしろよかったといえるのかもしれない。
 

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。