マラッカ航海日誌補遺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また英語教師! ベトナムおよびカンボジアでの児童性的虐待白人男が現在タイに潜伏中

カンボジアとベトナムで6歳から十代前半までの児童を性的に虐待し、その(児童虐待しているところの)映像をインターネットに流していたカナダ国籍英語教師の男が、インターポール(国際刑事警察機構)の写真手配により特定され、今月11日タイに入国したことが空港イミグレ写真により確認された。

まだ逮捕されておらず、タイに潜伏中と見られる。

Thaiimmigration20071011_w25

上がこの10月11日にタイに入国したときにイミグレで撮影された写真。

Suspectface_w300

3

左が情報提供者からインターポールに送られてきた(より実物に近い)写真。右がインターポールが手配用に公開した写真。ネットに本人が流出させた本人作成映像に映っていた顔をインターポールが見やすく修正したものらしい。

タイの地元新聞を読む」より

国際手配されている少年性的虐待鬼畜カナダ人男がタイ国内に潜伏

 タイの警察は16日、国際刑事警察機構が未成年者に対する性的虐待容疑で国際指名手配している重要容疑者の男が11日にスワンナプーム国際空港からタイ 国内に入国している事が確認された事を明らかにした上で、男の行方を追うと共にカンボジアやベトナム等の関係国や国際刑事機構と緊密に連絡をとって逮捕状 の取得を目指す方針を明らかにした。

 男はカンボジアやヴェトナムの少年を性的虐待している模様を撮影した画像等をネット上に掲載したとして国際刑事警察機構から容疑者不詳のままで国際指名 手配されていたが、その後の調べで男は元韓国内の学校で英語教師をやっていたこともあるカナダ国籍のクリストファー・ポール・ニール(32)であると特定 されていた。

    参考
    http://www.interpol.int/Public/ICPO/PressReleases/PR2007/PR200747.asp

posted by Jean T. at 02:00| 社会

インターポールのサイトより

http://www.interpol.int/Public/ICPO/PressReleases/PR2007/PR200745.asp

'For years images of this man sexually abusing children have been circulating on the Internet. We have tried all other means to identify and to bring him to justice, but we are now convinced that without the public’s help this sexual predator could continue to rape and sexually abuse young children whose ages appear to range from six to early teens,' said INTERPOL Secretary General Ronald K. Noble.

'We have very good reason to believe that he travels the world in order to sexually abuse and exploit vulnerable children and as an 186-member country police organization, INTERPOL is uniquely positioned to co-ordinate this global effort to identify and bring him to justice,' added Mr Noble.

The search for the individual has been codenamed Vico after analysis of the photographs, around 200 in total featuring 12 different young boys, established that the pictures were taken in Vietnam and Cambodia.

http://www.interpol.int/Public/ICPO/PressReleases/PR2007/PR200747.asp

LYON, France – The man photographed sexually abusing young children in Vietnam and Cambodia (Vico) in images posted on the Internet has been identified following a massive global response to INTERPOL’s appeal and is now believed to be in Thailand.

As a result of information provided to INTERPOL by five different sources from three continents, the suspected child abuser labelled 'Vico,' was identified as a man teaching English at a school in South Korea.

 

'Thailand is at the centre of an international manhunt, and authorities in the country, in co-operation with INTERPOL and police around the world, are hunting him down,' said Secretary General Ronald K. Noble.

タイは「マンハント」(ここでは人間狩りじゃなくて犯人捜索のことだと思う)のセンターだとあるが、それだけ、どこにもいられないクズどもが世界中から逃げて集まってきて潜伏しやすい条件のそろっている国だということである。

長年そういう鬼畜どもを甘やかしかくまうことで「自由」イメージを売りにして、世界中からダメダメツーリスト・滞在者をかき集めて商売にしてきた国だということでもある。
 

スポンサーサイト

17歳少女の過激水着も(角度やポーズにより)「児童ポルノ」 警視庁少年育成課

日本の警察は、児童ポルノ撲滅のために、国際的な水準から言って、良くがんばっているといえると思う。

ロシアの掲示板なんてひどいものである。これとか、http://2ch.ru/

しかし、15歳未満の少女が普通の水着でエッチな格好をしている画像はいまも野放しなので、どんどん摘発してほしいものである。

本来から言えば、17歳少女をいやらしい目で見ること自体が犯罪なのだ。そういう人間を街頭で見つけ次第片っ端から逮捕していくくらいのことをすべきなのである。そのくらいしないとなかなか児童ポルノはなくならない。いろいろな法律や条令を動員すれば、解釈によってそういう取り締まりも可能だと思う。

もちろん犯人が外国人だからといって手加減してはならない。
 

過激水着もポルノ 出版社社員ら逮捕

 17歳の女子高校生が過激な水着姿で出演するわいせつなDVDを製造したとして、警視庁少年育成課は16日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、東京都板橋区の出版社「心交社」のチーフプロデューサーら4人を逮捕した。

 胸や下半身を露出していないDVDを児童ポルノとして摘発するのは異例。同課は撮影角度やポーズなどから「過激な水着姿もわいせつな映像に当たる」と判断した。4人は「児童ポルノには該当しない」と容疑を否認しているという。

 同課は近く、法人としての心交社なども書類送検する方針。

 調べでは今年2月1日から3日にかけ、インドネシア・バリ島で、当時17歳だった板橋区内の女子高校生の過激な水着姿を撮影し、DVDを製造した疑い。

 今年5月に家出した女子高校生の家族から相談を受け、少年育成課が9月、心交社などを家宅捜索していた。心交社は1981年の設立で、アイドルの写真集やDVDのほか一般書籍も出版している。

[ 2007年10月16日 12:50 速報記事 ]

http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20071016015.html

 

出会い系で知り合った13歳少女を強姦した上でビデオで脅迫した男を逮捕 タイ

東南アジアで児童買春、児童援交を堂々としている白人たちを弁護する決まり文句は、「アジア人もやっている」「アジア人のほうがやっている」「アジア人児童をいちばん虐待しているのはアジア人だ」というもの。白人犯罪者たち自身の言い訳でもある。

タイには昔からそのような言い訳を退けきれないような、タイ独自の現実があることも事実。

いまタイでは日本の悪い部分の劣化コピーのような現象が進行中のようである。日本の単細胞なタイヲタウヨはこのくらいのことでも大喜びするのかもしれない。

しかし、タイ人も在タイの白人たちも、行ったこともない日本をこういう変なところから類推し、彼らの都合の良い日本像を作りあげてもいくのである。

日本の公共の場で英語がもう少し通じるようになってしまい、日本の物価がもうすこし安くなってしまえば、日本はただちに、最低の白人が世界中から大量に殺到し集住するタイ同様の土人売春国家に成り下がる危険性をもつ。すでに進行中の病状が回復不可能なまでに悪化しかねない。
 

タイの地元新聞を読む」より

出会い系で知り合った13歳少女を強姦した上でビデオで脅迫した男を逮捕

   首都圏警察本部は15日、インターネットの出会い系サイトで知り合った13歳の少女を強姦した上で、強姦している模様を撮影したビデオをネタに少女を脅迫していた容疑で21歳の男を逮捕した。

   この逮捕は、少女から相談を受けた保護者からの通報により実現したもので、男が少女に支払いを強要していた1万バーツを少女から受け取った所でご用となった。

タイのプミポン国王、右半身の不調訴え病院治療

そろそろXデーが近いか。もともと麻痺はあるらしいが。
 

10月14日1時59分配信 読売新聞

 【バンコク=田原徳容】タイ王室庁は13日夜、プミポン国王(79)が「右半身に力が入らない」などと不調を訴え、首都バンコクのシリラ病院で治療を受けたと発表した。

 虚血性の脳疾患と見られ、最低3日間の入院が必要という。

 同庁などによると、国王は同日午前9時ごろ、主治医の勧めで病院を訪れ、MRI検査を受けた。この結果、脳の一部で血流が悪くなっていることが判明。約8時間にわたる治療の結果、国王は夜になって右足の感覚を取り戻したという。

 同庁や病院は国王の容体の詳細には触れておらず、スラユット暫定首相やアヌポン陸軍司令官などが相次いで病院に駆けつけた。

米国人宣教師、児童ポルノ所持の罪で起訴 フィリピンの児童養護施設で自ら製造

AFP記事のタイトルには「道化師」とあるが、道化師じゃなくて宣教師、キリスト教ミッショナリー。



ミッショナリーによってこういうことが行われているのはもちろんフィリピンだけではない。




東南アジアにおける白人ミッショナリーの活動は児童の性的虐待と原理的に不可分である。



なぜならそれは白人の世界支配を確保するための文明洗脳活動ないし「輸血」活動にほかならないからである。



これはたぶんカトリックだろうからアメリカでつかまったのだろうが、犯人がもし福音派だったら事件にならなかったのではないか?



タイ北部山岳地域で盛大に少数民族児童虐待を展開している福音派系ミッショナリーが欧米でつかまったという話を聞いたことがない。
 





米国の道化師、児童ポルノ所持の罪で起訴



2007年10月12日 20:04 発信地:ワシントンD.C./米国



【10月12日 AFP】フィリピンの児童養護施設で道化師として働いていた米国人の宣教師の男が、児童ポルノ所持などの罪で起訴された。裁判所関係者が11日、明らかにした。




 元警察官Paul Carlock被告(57)は「道化師クルツォ(Klutzo)」と称して、「スマイリー(Smilee)」という名の道化師に扮(ふん)した妻とともに約10年間、誕生会や病院などを訪問していた。




 警察発表によると、Carlock被告は今年6月、1人でフィリピンに渡り、以前から知っていた児童養護施設を道化師や宣教師として訪問した。




 同被告が米国に帰国し所持品のバッグを調べられた際に犯行が発覚。被告のカメラやコンピューターの中に、児童養護施設の主に9歳から10歳の少年たちの裸の写真が発見された。




 さらに、警察の調べに対し3人の少年がCarlock被告に虐待を受けたと証言。また家宅捜索でも児童ポルノが見つかった。




 9日に米イリノイ(Illinois)州で逮捕された同被告は、児童ポルノ所持や未成年との性行為などの罪で起訴された。(c)AFP



http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2296797/2234730















 






老人のネックレスを剥ぎ取るタイの強盗(NNAバンコク事件簿より)

タイは微笑みの国とか仏教国とか貧しい人に施しをするとか、そういうウソを聞いてなければこのくらいの事件はどうということはないかもしれない。
東南アジアの荒れた国ならありそうなことだな、で終わりだろう。



タイのために悪いのは強盗よりもむしろタイを飾り立ててきたウソの数々、ということがいえるのではないかと思う。



アジアでは純金に近い金製品を貯蓄として持つということはよくある。大事な全財産を肌身離さずつけているという人もいるだろう。



ここでバーツとあるのは通貨の単位のバーツではなさそう。約15グラム24金の値だから、通貨の1バーツのはずがない。
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000015-nna-int



『30バーツのネックレス』



タイラットによると、バンコク東郊サムットプラカン県の民家前で6日午後5時ごろ、男性チュアさん(82)が30バーツ(タイの金計量単位、1バーツ=15.16グラム)の金のネックレスをひったくられた。



チュアさんによると、近所で飲み物を買って帰る途中、バイクに乗った2人の男と遭遇し、1人の男にネックレスを引っ張られた。ネックレスは男性の小指ほどの太さがあり簡単にはちぎれず、チュアさんは倒され、植木鉢に頭をぶつけた



犯人は、ネックレスを必死に引っ張り続けたがちぎれず、チュアさんの頭を通して外した後、仲間のバイクに乗り込み逃走したという

 

時事通信、バンコク特派員を懲戒解雇=1390万円を着服

通信社の特派員も企業駐在員。そう考えればありそうな話。
「着服した金は交際費等に充当していた」そうですが、
夜の生活はどんなものだったんでしょう。
 



10月12日17時31分配信 時事通信







 時事通信社は12日、会社の経費1390万円余を着服したとして、バンコク特派員(49)を同日付で懲戒解雇したと発表した。また、監督不行き届きとして、海外部署の経理等を管理・監督する経理局長ら責任者3人を減俸とした。経理、国際の担当役員2人は報酬の一部を返上する。
 特派員は1999年12月に赴任。社内調査によると、2002年5月から今年9月までの間、海外住宅手当の申請に際し関係書類を偽造したり、支局助手の架空人件費を計上したりして着服したほか、現地法人の経費で承認を経ずに車を購入、マイカー同然に使用していた。
 特派員は「着服した金は交際費等に充当していた」としている。弁済を誓約しているため、刑事告訴は見合わせる。
 宮武利幸総務局長の話 こういう事態になったことは極めて遺憾です。チェック体制を見直し、経費の適正支出を徹底します。 

国際手配の児童虐待容疑者(白人男)、カンボジア警察が捜査開始

こういうのが氷山の一角のさらに一角であることはすでに何度も述べてきたとおり。



それでもカンボジアはタイよりはまじめに児童買春に向き合っていると思う。タイではやるほうもかばうほうも「プロ」。白人世界には小児性愛を目的とした秘密結社が存在しており、アジアでの「宣教活動」に取り組んでいる。



「民族浄化」のために意図的なレイプが行われることからもわかるように、性的搾取はその被害を受ける民族集団、人種の文明的な活力を根底から破壊し再起不能にする効果があるために、白人による有色人種に対する性的搾取活動と白人優越主義の文明運動とは内的な結びつきをもつ。



現実にタイ北部山岳地域などでは白人ミッショナリーと児童虐待性犯罪とが組織的に結びついていることが多いようだ。すなわち、白人キリスト教ミッショナリーが「未開人」の「文明化」手段としてミッショナリーやその周辺の白人によるレイプや児童性虐待、および混血児作り、を容認しむしろ奨励しているというのが彼らの実態である。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2295867/2228078



2007年10月10日 21:19 発信地:プノンペン/カンボジア



【10月10日 AFP】カンボジア警察は9日、国際刑事警察機構(ICPO)の要請を受け、同国内で児童を性的に虐待しているとみられる白人男性の逮捕に向けて捜査を開始した。

 男は計12人の男児に性的暴行を加える自身の写真、約200枚をインターネット上に掲載したとみられ、ICPOが8日、国際指名手配した。写真が撮影された犯行現場は、ベトナムかカンボジア国内と考えられている。両国で盛んな「買春観光」産業は悪名が高い。

 ICPO初のカンボジア支部の副ディレクターKeo Vanthan氏は、AFPの取材に対し、カンボジア警察はこのような汚名を払拭すべく捜査への協力を惜しまないとしながら、現時点では容疑者を特定するには情報不足だと語った。
 
「逮捕にはまず容疑者の特定が必要だ。特定できないままでは、捜査は非常に困難だろう」(Vanthan副支部長)

 ICPOはウェブサイト上で、問題のサイトに投稿された加工画像から復元した容疑者の顔写真を公開している。これによると容疑者男性は30代から40代の白人男性で、暗褐色の頭髪は薄く、ひげはない。

 カンボジアでは児童買春が長らく放置されてきたが、取り締まり強化に伴い、2006年には前年の2倍に当たる10人の外国人が児童に対する性的虐待で逮捕された。(c)AFP
 

ネコを食べる習慣に、愛護グループがオリに入って抗議

檻に入って抗議している連中は猫面をかぶっているが、手の色を周囲の見物人と比べると明らかに白い。



世界中のあらゆるエスニックで特異な習慣を白人の感覚に相容れる範囲まで「矯正」して統制するところに、彼らは何よりも価値を見出しているのだろう。



猫はタイ人も食うのではないか?犬は中国人のみならず、タイ人、朝鮮人も食うだろう。



これらの場合にもタイ人が白人による非難の矢面に立つことはない。



なぜなら、タイ人はささやかな相対的優遇を条件に白人の前に常にひれ伏すことをすでに誓約している民族だからである。



http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2291744/2195996



  • 2007年10月02日 09:12 発信地:長春/中国


  • 写真


  • ブログ


関連写真 1



2007年9月30日、吉林(Jilin)省長春(Changchun)で、オリに入ってネコの保護を訴える愛護グループのメンバー。(c)AFP



  • 記事をクリッピング


  • 拡大写真を見る


【10月2日 AFP】吉林(Jilin)省長春(Changchun)で9月30日、中国国内で食用などに供されるネコの保護を求め、動物愛護グループが抗議活動を行った。広東(Guangdong)省などでは、ネコ肉は1キロ15元(約230円)で取引され、一般に食べられている。(c)AFP

NOVA問題で労組が会見

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2295449/2225142



【10月9日 時事通信社】NOVA問題で経済産業省に、従業員と消費者の不利益拡大を防ぐ施策を講じるよう要請した後、記者会見するゼネラルユニオンの山原克二委員長(中央)ら(東京・千代田区の同省)。(c)時事通信社

 
NOVAの毛唐講師に労働基本権はいらないと思う。



そもそも彼らは労働者とはいえない。



労働基本権は何故認められるか。それは、生活手段を得るために労働力以外に売る商品を持たない者が、人間らしい最低限の生活の保障を得るとともに、生産手段を所有する資本家と対等の立場に立ってトレードできるようになるためである。



労働者とはそのような立場にある者のことである。したがって、白人NOVA講師は労働者とはいえない。



白人NOVA講師には、生きていくためには本国に帰るという選択があるし、無職無資産のプータローでも白人ならば事実上日本に永久滞在する特権を有している。



先日横浜で日本人女を殺したイギリス白人のように、最下層の日本人女に寄生してヒモ生活する道もある。



白人なら(とくに英語圏白人なら中卒土方でも)タイをはじめとする東南アジア諸国でほぼ無制限に就業ビザを得ることができ、ヒモ的英語講師生活を続けていくことができる。無資力無学歴であっても適当に国々を渡り歩きながら、いくらでも好きなように浮浪セックスツーリスト生活を続けていくことができるのである。



つまり、この世界において白人外国語講師は「弱者」ではないのである。



私はどちらかといえば左寄りの人間で、本当の弱者は大いに保護すべきであるという立場であり、労働法も「弱者を守る」という観点から解釈すべきであると思う。



逆に言えば強者を甘やかしてはいけないのである。



したがって、日本の労働法によって白人外国語教師を保護してやる理由は全くないと考える。
 



人身売買で台湾の女ら逮捕=タイ人を売春目的で-長野県警

どんなに合法そうなドキュメントを持っていてもタイ女は日本に入国させてはいけない。日本国がさらに「人身売買拠点、児童買春支援国」のレッテルを貼られるのが落ちである。



同じことが欧米でいくらおこなわれていても(おこなわれているが)マスコミネタにもならない。しかし、日本でおこなわれれば誰がやろうと日本および日本人を叩く格好のネタになる。



そうすることで白人の過去と現在の犯罪行為が中和されるからである。



昨年だったか、タイ人ブローカーが山岳少数民族の女性をシンガポールに売った事件のときでも、白人人権屋がさかんに叩いていたのはタイ人よりもシンガポールという国だった。白人にとっては彼らに媚びてくれて脅威になりそうもないタイよりも、より豊かでなかなか言いなりにならないシンガポールの方が目障りだからである。



その女性はシンガポールの「置屋でめぐりあった」シンガポール人男とくっついて婚約したらしい。その後国外退去になって一緒になれなくなった。女性はシンガポール再入国を求めたがシンガポールの裁判所は当然ながら女性の再入国を認めなかった。白人人権屋はそのことでシンガポールの司法や「人権状況」を非難していたのである。



「女性が心から愛しているシンガポール人フィアンセと会えないのはおかしい」「英語も中国語もできない女性には捜査も裁判も十分に理解できなかった」などと批判する。



英語も中国語も理解できない山岳民族女性が英語と中国語しかできないシンガポール人男性と心から愛し合うようになったというのは愛の奇跡というほかはないが、そういうことは白人人権屋にはぜんぜん不合理には見えないようである。



日本人との婚姻関係があるタイ女もまったく信用できない。書類だけの婚姻関係という場合のみならず、結婚生活の実質があっても同じである。



タイでは、長期滞在している外国人男は現役売春婦と正式結婚し同棲するくらいのことは平気でできる感覚になる。



彼らが連れてこようとする子は、妻の連れ子(養子)はもちろんのこと、日本人夫の実の子と称する娘であっても、本当は山岳少数民族の子供で人身売買被害者である可能性が非常に高い。売春婦と結婚した男が実の子を売ることもありうる。
 

10月8日12時31分配信 時事通信

 タイ人女性を売買したとして、長野県警生活安全環境課と安曇野署などは8日、人身売買容疑で同県松本市大手、台湾人のスナック経営郭菊容疑者(47)=風営法違反罪などで起訴済み=と、同市島立、タイ人で元スナック経営のカムキアウ・ベンジャポーン容疑者(32)=同法違反罪で起訴済み=の女2人を逮捕した。両容疑者は容疑を認めているという。
 また、同課などは被害女性をタイから入国させたとして、人身売買容疑で50代の日本人ブローカーの男の逮捕状を取り、行方を追うとともに、事件の全容解明を進める。 

 
白人は現在でも、中南米で少数民族ホロコーストを行っているらしい。大豆やとうもろこしはいま良い商品である。森林を伐採し開拓するためにイノシシでも殺すように本当に銃で人間狩りをしているそうだ。16世紀の話でも19世紀の話でもなく現在進行形の話である。タイの北部山岳地域で長年おこなわれてきたことと同じことが、もっと目に付きにくいところでもっと直截にデタラメにおこなわれているのだろう。もちろん何百年もおこなわれてきたことの延長である。



ブラジルなどでおこなわれている白人による明らかに故意の先住少数民族断種政策およびその実行行為は、欧米メディアではまったく非難されることも問題にされることもない。中南米の白人犯罪を問題にすることは、白人文明の原初的蓄積行為=言い訳の余地のない最悪の原初的犯罪行為に光を当てることになってしまうからだろう。



ホロコースト、民族浄化と、レイプ、児童売買は不可分である。



いま白人小児性愛者たちの主流は東南アジアに見切りをつけてブラジルに向かっているという。

小腸全摘ネパール少女、助けを求め来日

10月7日18時56分配信 産経新聞





9月中旬、ネパールから1人の少女が両親に伴われ来日した。少女は、現地の医師から死を宣告されていた。唯一の希望はインターネットで見つけた東北大での治療。しかし、家族には、日本の高額な医療を受けられるほど金銭の余裕はなかった。それでも「日本に行けば助けてくれる」との一念で渡航してきた。家族に頼られた医師は少女を助けようと、「基金」を設立し、寄付を募ることにした。(豊吉広英)



 「もう手に負えない。助けることはできない」



 ネパールの首都、カトマンズの小児病院。アーバ・ドゥワディちゃん(7)が医師からこう宣告されたのは8月5日のこと。夏休みを利用し、家族でカトマンズを訪れていたアーバちゃんを襲った激烈な腹痛。腸捻転を起こし、壊死(えし)していた小腸と右結腸は緊急手術ですべて摘出されていた。



 小腸を摘出した場合、患者は口から摂取した食物を消化・吸収できず栄養失調に陥る。通常、残った腸の機能が回復するまでカテーテルで高カロリー輸液を投与し、場合によっては小腸移植が必要になるが、ネパールでは無理な治療だった。



 「どこか助けてくれる医師はないか」。親類が必死にネット検索をかけた結果、目にとまったのが、小腸移植の実績を持つ東北大学医学部(仙台市)の小児外科だった。



 連絡を受けた大学側は困惑した。助けたい。でも費用の問題がある。無保険なら通院でカテーテルを使って栄養投与するだけで年間200~300万円。入院費、滞在費。小腸移植が必要ならその手術費…。「費用が払えるめどがつけば」と条件を付けた。



 ネパールでタバコのセールスをする父、アルンさん(28)の月収は日本円で約1万円。借金などで約70万円をかき集めたが、とても足りなかった。



 9月15日夜。小児外科の天江新太郎准教授に突然メールが届いた。「今飛行機に乗り込んだ。16日朝に到着する」。急いで成田空港へ行くと、そこには腹部から大量に腸液や便が漏れだし、車いすに座ることもできない少女と両親の姿。「とにかく日本へ行こう」。決死の渡航だった。



 来日から約3週間。アーバちゃんは体力が戻りつつあるが、今後の検査結果次第では予断を許さない。日本語のできない両親は留学生の家を間借りした。用意した現金は残り少ない。



 天江准教授らは「アーバちゃん基金」を設立した。「医師が(募金を)募っていいか迷ったが、目の前で苦しむ子供は見捨てられなかった」(天江准教授)。



 アーバちゃんは元気になったら、「外に出て遊びたい」と話している。









小腸全摘ネパール少女、助けを求め来日

ベッドの上に座るアーバ・ドゥワディちゃん。病院では新聞の折り込み広告の食べ物を見るのが楽しみという=仙台市青葉区の東北大学医学部付属病院(撮影・豊吉広英)



タイの著名評論家、著作が発禁処分に

http://www.newsclip.be/news/20071004_015652.html



2007/10/ 4 (15:25)| 主要ニュース  社会





【タイ】タイの著名政治評論家、スラック・シワラック氏(74)の著作「タイ民主主義の75年」が、社会不安を巻き起こす内容だとして、タイ警察により発禁処分を受けたことが2日、明らかになった。





 スラック氏は過去に数回、不敬罪で起訴され、いずれも無罪となっている。タクシン前首相の強力な批判者としても知られる。最近では、タイで発禁となっているプミポン・タイ国王の評伝「ザ・キング・ネバー・スマイルズ」(ポール・M・ハンドレー著、エール大学出版)の書評を自分が主宰するNGOの雑誌に掲載した。

 
重要なことは"The King never smiles"がタイのみならず日本でも事実上の発禁、翻訳禁止になっているということ。





タイとかかわりのある日本人には、タイにいようと日本にいようと言論の自由はない。彼らはやがて思想の自由も自ら率先して放棄するようになる。タイに関して率直な批評ができるのは、日本では今のところ匿名ブログくらいしかないと思う。



学者もジャーナリストもタイにまた行かなければならない。タイをネタにして仕事を続けていく以上これからもタイ人と交流していかなければならないだろう。タイ人と付き合っていくためには必ずおべんちゃらを言わなければならないし、彼らの変なプライドを少しでも傷つけるようなことは避けて通らなければならない。そのとき一番気をつけなければならないのは当然、王室だろう。媚びへつらいで成り立っているタイの社会において、彼らタイ人自身が最高のおべんちゃらを捧げている頂点が王室だからである。



日本人ならば学者もジャーナリストも、タイの本丸を批判する言論の自由は捨てなければならない。学者やジャーナリストがそのような自己のあり方を何とか合理化するためには自己洗脳しかないだろう。



タイには本質的な反体制勢力が存在しない。それは韓国よりひどいかもしれない。



韓国にはわずかでも「親日派」(=本質的な反体制派)が存在するらしいが、タイにはそのような反体制派は存在できない。



韓国に出入りしながら本質的なところで韓国を批判できる日本人ジャーナリストは存在するだろう(産経の黒田氏〔だったかな〕のように)。しかしタイに出入りしながらタイを本質的に批判できる日本人ジャーナリストや学者は存在し得ないのである。



われわれがタイにかんする日本語文献を読むときには、このことを十分に頭に入れてからかからなければならないと思う。
 

沢尻エリカ、泣いて謝罪で傷口を広げた?

早速テレビで謝罪してしまったそうですが、やや幻滅。せめてあと一週間がんばるべきだった。





http://www.youtube.com/watch?v=juqMw7FdLf8



http://www.youtube.com/watch?v=Qs_vFS7TQhE



泣くまで10分もかかったようだけど、成海璃子なら30秒でもっとキレイに泣いただろう。



しかしどこまでも見苦しいのはインタビュアー。「応援しますよ」なんてしらじらしい。




沢尻エリカ 9/29 舞台挨拶 〔You Tube転載〕

早速ユーチューブに上がってました。
山口愛ちゃんがいまから隣のお姉さんの真似しないことは祈っていますが。



沢尻エリカかっこよすぎ。
アナウンサー馬鹿すぎ。



長旅で嫌なことがあったとき、嫌なやつに遭遇したときなど、この動画を引っ張り出してきて見ればきっと癒されて元気が出ると思います。



自分も心を強く持って負けないようにがんばらなくちゃという気持ちになることでしょう。





http://www.youtube.com/watch?v=Jq1k2MaY-y8






それにもかかわらず沢尻エリカを支持する

それにもかかわらず沢尻エリカを支持する。



 
このブログは、遺伝的な悪性を含めた白人の悪質性を剔抉することを旨とし、日本に白人混血が増えることは亡国につながるという主張を明確にしていますが、同時に、滝川クリステルと沢尻エリカの悪口は言わないというのがこのブログの立場であります。



ブログで謝罪したそうですが残念です。すこし失望しました。最後までがんばるべきだった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000001-oric-ent
http://erika-official.com/071002.html



しかしあの舞台挨拶の間だけでもあれだけ貫徹できたのは並な人間でない証拠と評価できると思います。
 

〔続報〕イギリス白人男、同居日本人女性殺害で逮捕 横浜

ほとんど報道されないので、読者の方からこのブログ記事を教えてもらうまで知りませんでした。
http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/51653469.html

No trace of anyone other than Shimmin entering or leaving the apartment was
found, and specimens of the suspect's DNA were detected on the victim's body,
the police said.
Shimmin, who is unemployed, reportedly denied the charges.
"Kawanobe was still asleep when I left the apartment at about 7 a.m.," he was
quoted as telling police during questioning.

この事件を報じている英語メディアはこの検索結果によると「デイリーヨミウリ」とアラブ首長国連邦のKhaleej Timesだけのようです。
http://news.google.com/news?hl=en&ned=uk&ie=UTF-8&q=paul+shimmin+yokohama&btnG=Search



イギリス女が日本で死ねば世界中の白人メディアが大騒ぎするわけですが、日本女が白人男にいくら殺されようがニュース価値はないということです。



こんな白人男に怒れば怒るほど却って情けなくなるだけなので、こういうブザマな死にざまをさらす日本女およびその予備軍たちを本格的に軽蔑・賎視するように努めた方がいいのかもしれないと、ちょっと考え方を変えようかと思っている。



必要もないのに英会話学校に通ったりしているあなた、こういう肉○器=豚肉女の予備軍ですよ。



どんな関係であれ白人とくっついている日本女は、自分がこういういつ死んでもかまわない豚肉女でないことを主張立証する責任をもつということ。それができなければ「肉○器推定」「豚肉推定」を受けることを甘受しなければならない。アジア女が白人男とくっつくことはクソをするよりカンタンなんだから。



だって豚肉女でしょう。リンゼーホーカーであれほど騒いだメディアが全く無視してるんだから。こいつの命にはイギリス売春婦ほどの価値もないという評価を世間が下しているということです。



異邦人に殺されても同胞が誰も怒ってくれない女、まともに報道さえされない女は豚肉のようなものです。



前記事
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/09/3425_4f66.html



まじめな話、日本社会にイスラム共同体を引き入れる以外に、今の日本のこの精神的奴隷状態から立ち直る方法はないのではないかと思わざるをえない。(私はムスリムではないが)。



〔日本語の報道はこれだけ?〕



横浜の女性変死、同居の英国人の男を殺人容疑で逮捕



9月30日1時42分配信 読売新聞





 横浜市瀬谷区のアパートで27日、無職川野辺晶子さん(25)の遺体が発見された事件で、神奈川県警は、川野辺さんが殺害されたと断定し、29日夜、同居していた英国籍の無職ポール・ジェイソン・シミン容疑者(34)を殺人容疑で逮捕した。




 調べによると、シミン容疑者は27日早朝、川野辺さんの部屋で、川野辺さんの首を絞めるなどして窒息死させた疑い。




 シミン容疑者以外に部屋に出入りした痕跡がなく、川野辺さんの体に付着していた遺留物のDNAがシミン容疑者と一致した。シミン容疑者は、容疑を否認している。




 シミン容疑者は27日午後10時ごろに110番通報。「(27日)午前7時ごろ、外出した時には川野辺さんはまだ寝ていた」と説明していた。2人は英国
で知り合って交際。川野辺さんが今春に帰国、シミン容疑者は5、9月の2回、短期ビザで来日し、川野辺さんの二男(1)と3人で暮らしていた。










〔このニュースを教えてくれた人のメールより〕

帰国時期と二男の出生日時、場所の関係はどうなんでしょうか?
長男はどうしたんでしょうか?
女は真正のアホで間違いないですね。




...................................................................................................................................................







以前「食わず嫌い」で見たんですが、沢尻エリカもブタ嫌いだそうです。
 

キチガイ雌白豚の破壊主義

醜い乳房さらすより、せめて感じの悪いサングラスとって歩けと言いたい。



アメリカでやるのは勝手だが、人の国にまで来ないでほしい。



http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2290498/2192089



爆弾よりトップレスパワー!? イラク戦争に抗議活動



2007年09月29日 13:26 発信地:ワシントンD.C./米国



【9月29日 AFP】米ワシントンD.C.(Washington, DC)で28日、「爆弾より乳房(Breasts Not Bombs)」と名乗るグループがイラク戦争に抗議する活動をトップレスで行った。(c)AFP



裸になりたいだけなんだろうが、白く肥大して垂れた乳房は醜い、醜いものを公然陳列するのは文化破壊活動だということをハッキリさせるべきだと思う。



世界の「状況」がもっと深刻になったらw、M字開脚を輿に乗せてパレードし、小陰唇のビロビロを見せながら抗議する人間も出てくるだろう。乳房が良くてそれが悪いという理由はないからだ。鯨が日本人に虐殺されるよりは、銀座や富士山や明治神宮や伊勢神宮で小陰唇のビロビロをさらして日本人の「蛮行」を思いとどまらせる方が正しい、と思い込む人間はすぐに出てきてもおかしくない。
  

ココログからのトラックバックを禁止します202.248.89.108/210.131.5.11

悪質なエロ系詐欺サイトのトラックバックがあまりにも多いため、Niftyココログからのトラックバックを全面拒否とします。



@niftyにはhttp://sexy.nifty.com/という部門があり、そこからカンタンに児童ポルノまがいのサイトには入れるんだよね。



「炉李画像 12歳」で検索してここに来る皆さん、まずhttp://sexy.nifty.com/からナビゲーションをはじめましょう。12歳の小学生が水着姿で大また開いてるくらいの画像は簡単に無料で手に入るはずです。



プライバシーだパブリシティーだと説教してこのブログを潰そうとしたニフティだが、やってることはそんなこと。



ニフティの醜悪な白人崇拝
http://aboutme.jp/
「白人もやってます」というのがニフティにとっては「ブログの女王」と同じくらいには意味があるらしい。

英国籍の無職男性(34)と同居の、日本人女性(25)が変死

<女性変死>同居の英国籍男性が通報…顔にうっ血跡 横浜



9月28日11時23分配信 毎日新聞



 27日午後10時10分ごろ、横浜市のアパートに住む英国籍の無職男性(34)から「彼女が死んだ。原因はわからない」と通報があった。男性と同居する
川野辺晶子さん(25)が死亡しており、外傷はなく、室内に荒らされた形跡もなかったが、顔にうっ血した跡があった。警察は男性から詳しい事情を聴いてい
る。








「英国籍無職男性」の人種も報道されないし、私はこのネタに予断を持って誰を責めようとか何を非難しようとかそういうつもりはまったくないです。



ただこういう事件から連想するさまざまな事柄という限りでの話。



数年前タイのバービアの姉ちゃんから聞いた話で恐縮ですが、ファラン(白人)には実に変態的なセックスの趣味を持つ男が多いということ。女に暴力をふるいながらじゃないと・・・という性的嗜好を持つ者もいれば、中年を超えてますますセックス中毒で寝る暇もないほど・・・という者も、という話。



そんなことは日本人も同じじゃないかといえばそうでしょうが、西洋人の特殊事情として、アジアではそういう変な趣味を誰はばかることなく全開にしても良いという意識が多かれ少なかれあるということには注意しなけれいけないと思います。買春してるくせに現地では腰を低くして不必要に卑屈に振舞ってる日本人買春オヤジとファランとでは、振舞いも意識も大きく違う。



日ごろ彼らを縛ってきた規範を、アジアではかなぐり捨てて良いと感じている。そのためにアジアに来る、という白人が多い。いうまでもなく日本も彼らにとっては何の留保もなくそういう「アジア」にほかならない。マレーシアの方がむしろ大いに留保があるだろう。



死んだ女性は「アルバイト」だったとか。無職男性は(英語講師もせずに!)なくなった「アルバイト」女性に食わせてもらっていたのでしょうか。日本はこういう「英国籍無職男性」の類にとってはタイ以上に天国だということのようです。



こういうカップルだと死因に薬物が絡んでいるかも、という疑いにも合理性があると思います。

ツタンカーメンの肌の色は何色?

白人の手にかかると、古代エジプトの歴史は全部「西洋史」、つまり白人の歴史に編入されて白人文明半万年の歴史にされてしまうのだが、そのような白人西洋史に翼賛するのは白人だけではない。



エジプトは紀元前の数世紀の間、スーダン南部出身の黒人の一族が王位についていたらしいが、マレーシアの新聞に寄稿していた黒人ジャーナリストによれば、その事実の指摘を一番嫌い認めようとしないのが現在のエジプト人だそうである。



「エジプトはアフリカ大陸にあるが、エジプト人はアラブ人でもアフリカ人でもない」ということは、「白人のようなもの」ということだろう。



現代のエジプト人もアラブ人もみなほとんどこの白人「のようなもの」になりたがっているようである。



その黒人ジャーナリストはセネガル人ムスリムだが、サウジアラビアで一番ひどく差別された(「オストラサイズされた」)と嘆いていた。(タイに行ったことがあるかどうかは知らないが)。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2288796/2180772



2007年09月26日 21:44 発信地:カイロ/エジプト



【9月26日 AFP】ツタンカーメン(Tutankhamun)王の肌の色は何色か――。米国を巡回中の「ツタンカーメンとファラオの黄金時代(Tutankhamun and the Golden Age of the Pharaohs)」展に展示された王の肖像をめぐり、こんな論議が巻き起こっている。エジプト考古最高評議会のザヒ・ハワス(Zahi Hawass)事務局長は25日、ツタンカーメン王は黒人ではなかったとの自説を主張した。




 発端は、米国の黒人運動家がツタンカーメンの褐色の肌の色を指摘したこと。ハワス氏は米フィラデルフィア(Philadelphia)で9月6日に行った講演で自説を展開したが、これに対して黒人運動家らが反発した。




 ハワス氏は25日、反論に応える形で記者団に「ツタンカーメンは黒人ではなかった。アフリカの古代エジプト文明人を黒人と形容することには一片の真実もない」と強調。半国営の中東通信(MENA)も「エジプトはアフリカ大陸にあるが、エジプト人はアラブ人でもアフリカ人でもない」とする同氏の発言を伝えた。




 ツタンカーメン王の展示は、2005年6月にロサンゼルス(Los Angeles
で始まった当時から物議を醸してきた。黒人運動家らは、ツタンカーメンを白人として作った胸像の展示を取りやめるよう要求。今回の展示でも、王の肖像画に
手が加えられ、肌の色が明るく描きかえられたとの抗議が出ていた。ツタンカーメン王の顔は2005年、ミイラをCT(コンピューター断層撮影)スキャンし
て収集した画像をもとに再現されている。展示は9月30日にフィラデルフィアからロンドンへ移動予定。




 ツタンカーメンは約3300年前にわずか19歳で死亡した少年王。1922年、英国人の考古学者ハワード・カーター(Howard Carter)がエジプト南部のルクソール(Luxor)近郊で、ほとんど荒らされずに残っている墓を発見し、国際的に一大センセーションを巻き起こした。(c)AFP

  











ネパール山岳協会、「エベレストでのヌードは禁止」

富士山はまだなのかw。白人による日本の霊山ヌードめぐりがはじまるのも遠くないかもしれない。



話題性がない?



ほかの目立つことを全部やり終えたらやりはじめるだろう。



彼らにとって重要なのは「破壊そのもの」であり、異質な文化や規範、それにまつわる心情を破壊しつくすことである。



このような破壊と冒涜へのほとんど性的衝動に近い妄執は、白人が遺伝的に受け継いでいる特質としか思えないものである。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2288845/2181853



2007年09月26日 10:18 発信地:カトマンズ/ネパール



【9月26日 AFP】ネパール山岳協会(Nepal Mountaineering Association)が、近年になって相次いでいる世界最高峰エベレスト(Mount Everest、チョモランマ)での「冒涜行為」の規制に乗り出した。




 前年には標高8848メートルのエベレスト山頂で、地元登山家が数分の間、裸体になり「ヌードの最高地点記録」を公言したことから、地元民らの怒りをかった。




 さらに今年初頭にも、オランダの男性が下着一枚で山頂制覇を目指すとした珍記録に挑戦。




 最近、ネパール人の間では「残る世界記録はエベレスト山頂での出産だけだ」とのジョークが取り交わされている。




 このような事態について、エベレストへの登山許可証を発行するネパール山岳協会のAng Tsering Sherpa会長は、「ネパール人にとって、エベレストは宗教的にも神聖な山だ」と憤る。




 AFP記者に「エベレスト山頂で、服を脱ぐような行為は止めさせねばならない」と語り、「今後、エベレストでの『世界記録』に挑戦する場合は、山岳協会に事前申請を行ってもらう」と規制への意気込みを示した。(c)AFP


 





イギリスがアウンサンスーチーを使って傀儡政権樹立に忙しいようです

読者からいただいたメールから。

イギリスがアウンサンスーチーを使って傀儡政権樹立に忙しいようです。
http://www.afpbb.com/article/politics/2289032/2179916



「日付のある紙面」の過去ログの↓の部分が興味深かったです。

http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/03/cia_4e26.html#search_word=%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%83%B3%E
3%83%9E%E3%83%BC

しかし別の事情通のアメリカ人からも、CIAは、タイ女を囲って逗留している白人やキリスト教ミッショナリーに混じって、タイ全土にくまなく根を張っているということを聞いた。



だからこそ、ミャンマーは非難されるが、タイは何をやっても非難されないのである。

これに関してですが、
「エコノミック・ヒットマン」と呼ばれる人の証言に面白いものがりますす。アメリカのPeace
Corpsと呼ばれるプログラム(日本でいうところの海外青年協力隊)でトレーニングを積んだと告白しています。
http://democracynow.jp/stream/070605-1/
http://amesei.exblog.jp/6145627/
リンク先のブログにはこれの日本版として竹中平蔵があげられていますが、私は「英語教師」の方がすぐにピンときました。N
ovaだけじゃなくて、日本政府が税金を使って毛唐を連れてくるJET
Programmeというものがあります。アホが「知日派」と言ってありがたがるマイケル・グリーンもこのプログラムの前身のやつに参加してました。
 

パーキンスは、10年にわたって国際経済コンサルタント企業で働き、主任エコノミストをつとめましたが、じつはその間に「エコノミック・ヒットマン」とい
う影の仕事に従事していたと主張しています。エコノミック・ヒットマンは資源のある第三世界の国の指導者に近づいて、世界銀行の融資を受ければ飛躍的な経
済成長が可能になるともちかけ、巨額の借入をさせます。でも実際の受益者は巨大なインフラ構築を請け負うべクテルやハリバートンのような米国の巨大企業
(融資の大部分は彼らの手に落ちます)と、現地のエリート階級のみであり、庶民には国家が背負った巨大な負債のみが残ります。この借金はとうてい返済でき
ないので、世銀の指導により社会福祉や民生支出が大幅に切り詰められ、天然資源が略奪されます。パーキンスは、自分の役割は、エコノミストという肩書きの
裏で第三世界の指導者を抱きこんで、自国民をないがしろにして、米国の政府と企業にとってのみ好ましい政策をとるように誘惑することだったと告白していま
す。




http://democracynow.jp/stream/070605-1/


   
 

宇宙でもイスラム礼拝 マレーシア初の宇宙飛行士

ハラール宇宙食くらいは国の音頭で開発したらよかったのに。宇宙食用ローティチャナイとか。



宇宙での礼拝もメッカのカアバ神殿の方を向いてするのか。結局地球の方を向くことになってしまうが、大宇宙空間で超越神に礼拝するのに地球の方を向いてするというのも変なような。

マレーシアのアブドラ首相は24日、10月10日にロシアのソユーズ宇
宙船に搭乗するマレーシア初の宇宙飛行士に、イスラム教徒のシーク・ムスザファル・シュコールさん(35)が決まったと発表。同国イスラム開発局はこのほ
ど、宇宙での礼拝の仕方などを定めたガイドラインを明らかにした。



 それによると、最初の数日はラマダン(断食月)中だが断食は免除。「座れない場合は横になる」などの方法で1日5回の礼拝は義務付けられる。宇宙食がイスラム教で許されるものかどうか分からない場合は「飢えをしのぐだけ食べる」などと、柔軟な見解を示している。



 シークさんは1万1000人の中から選ばれ、宇宙滞在は10日間ほどの予定。(共同)



(2007/09/24 21:59)



http://www.sankei.co.jp/kokusai/world/070924/wld070924014.htm


 

少女強姦のタイ警官、最高裁が減刑

タイ警察が制服を着たヤクザであり、やりたい放題であることはいまさらいうまでもないが、タイは国家国民を挙げてこのヤクザを支えている国なのだということによく注意しておかなければならない。タイのヤクザ=タイ警察の犯罪は、どんな証拠をつかんで出るべきところに出てもほとんど合法と看做されるものだと思っておいた方がいい。

というか、タイは法治国家ではないのである。北部では山岳民族をゆすり少女幼女売春婦にたかるのはタイ警察官の日常業務になっている。

2007/9/25 (14:04)| 社会




【タイ】バンコク都内ルムピニ警察署の幹部警
官らが13―15歳の少女を強姦、売春を強要した罪に問われた裁判で、タイ最高裁判所は25日、被告のサカダー警察中佐に禁固14年4カ月、アナン警察曹
長に禁固7年の実刑判決を言い渡した。2審判決はそれぞれ禁固16年4カ月、8年だったが、重すぎるとして減刑した。2人は少女売春ビジネスに関わり、
2001年に少女を強姦した容疑で起訴された。 
タイでは警官による犯罪が後を絶たず、今年もルムピニ署の幹部警官らが、米国人ビジネスマンの誘拐容疑で逮捕されている。


このようにタイ警官は外国人にとっても危険な存在である。タイ警官はとくに日本人にとってはミャンマーの警官よりはるかに危険で悪質な存在である。

旅行者も警官=ヤクザには十分に気をつけなければならない。が、卑屈な態度を取ればさらに付け上がってくるので、警官=ヤクザに対しても毅然とした姿勢で対することが重要である。

バスやソンテウでの検問などは警官による地回り仕事である。人民に対するゆすり(=犯罪)の最中なのだ。

そういう場面でチンピラ=タイ警官にパスポートをやすやすと手渡してしまうのは問題である。パスポート提示を要求されたらまずは「なぜだ」といっていったん拒否の姿勢を示すべきである。それで不利益になることは(私の経験では)ない。そして「お前を信用できない、パスポートを渡すのは嫌だ」という意思を明確に表現する。それでも見せろといってきたら、アイデンティティのところとスタンプ、入国カードだけ見せる。そこで向こうが手荒な態度を見せるようなら、直ちに「何をする!」と声を上げて向き直る。タイ製でもおもちゃでいいから携帯で大使館にでもどこにでも電話するマネをする(大事な携帯は見せない方がいい)。

なによりも、ヤクザであろうと警官であろうと最初の「アイコンタクト」のときにしっかりにらみつけること、視線の気魄で負けないことが一番大切。相手は国内では常識でも外国にさらされるとしたら多少は後ろめたい種類の行為の最中なのである。

日本人が外国で舐められる理由の80パーセントくらいは、問題に応じて相手をちゃんと「睨み付けないこと」にあると私は思っている。つまりすぐに目をそらせて問題から逃げようとする。日本人の多くがそういうふうに卑屈に振舞うことを洗練されてるとか紳士的だとか勘違いしているのは問題である。これは日本人の悪い癖だと思う。

土人でも毛唐でもいいが、これらのクズどもを睨み付ける視線に、非難、嘲笑、侮蔑、軽視、などの意味を盛れるように訓練することも結構大事である。
  
  


荒らしホスト Hang the murderer Bhumibol Adulyadej!!!

ココログ写真弾圧で作ったFC2ブログ「白人のいる風景」をタイからしつこく荒らしてくるやつが使っているホスト。いつも同じホストだし日本語が不自由なようだからタイ人らしい。



犬王プミポンが完全支配するタイ王国インターネットが身の程知らずにも日本のサイトを荒らしに来ているというわけ。私が偏執狂であるとも知らずwww



泰的犬王Bhumibol Adulyadejは、面目を保ちたいならまずこのホスト管理者Wichai
Putiwongpanichをお得意の不敬罪で銃殺にすべきだろう。



inetnum:      222.123.0.0 - 222.123.255.255
netname:      
TTTNET
descr:        Maxnet, Internet Service Provider,
Bangkok
descr:        under management by TT&T co. ltd
Thailand
country:      TH
admin-c:      WP156-AP
tech-c:      
WP156-AP
status:       ALLOCATED PORTABLE
changed:      
hm-changed@apnic.net 20060806
mnt-by:       APNIC-HM
mnt-lower:   
MAINT-TH-WICHAI
source:       APNIC

person:       Wichai
Putiwongpanich
nic-hdl:      WP156-AP
e-mail:      
wichaip@ttt.co.th
address:      252/30 Muang Thai Phatra Complex Tower 1,
22nd Fl., Ratchadaphisek Rd., Huaykwang, Bangkok 10320 
Thailand
phone:        +66-2-693-2100
fax-no:      
+66-2-693-2100
country:      TH
changed:      wichaip@ttt.co.th
20060410
mnt-by:       MAINT-TH-WICHAI
source:       APNIC



なぜかメインのブログであるココログには来ないんだな。
FC2でもコメント承認制にしているのに、陰湿なコメントをしつこく入れてくる。
やっぱり泰犬どもにとっては売春婦画像が痛いということかね。



日本人である可能性もある。
泰国王のインターネットを使って外国サイトを荒らしてるわけだ。
泰でインターネット使ってる在泰日本人もどんどん不敬罪検挙したらいい。



泰の犬王Bhumibolは、兄Anandaを暗殺して現在の地位を得た。兄王Anandaは親日派だったが、目先の利いたBhumibolは日本の敗戦を見越して早めに白人側に寝返ることを決意しこの暗殺を指示したといわれる。Bhumibolが今に至るまで泰犬どもの尊敬を集めているゆえんである

  

KKK

ここまで取材に行ってほとんど何の内容もない記事しか書かない新聞記者が不思議。



こういう新聞記者にとっては取材するとか現場に行くことは、「行った」「会った」といえるための儀式でしかないのだろうか。 

http://www.chunichi.co.jp/article/world/worldtown/CK2007092202050806.html




【世界の街から】




アーカンソー 普通のオヤジが差別

2007年9月22日





 米南部アーカンソー州で白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)を取材した。米メディアはKKKをほとんど話題にしない。黒人差別を正当化する彼らの主張を取り上げること自体が汚らわしく、報道する価値もないという判断だろう。





 全米に残るKKK団体の中で最も非暴力的といわれる団体だったが、日本人による取材を当初、拒否した。





 「あなたにも不愉快な思いをさせたくない」。言葉はやさしいが、日本人が来れば、メンバーが何をするか分からないと暗に脅しをかけてきた。





 その一方で、団体代表はインタビュー後、写真を一緒に撮ろうと持ちかけてきた。黒人やアジア人らによって米国が侵略されていると嘆くオヤジが、日本人を物珍しがって写真を撮りたがる。差別主義者が「普通の人」だったことに、恐ろしさを覚えた。




 (小栗康之)



一応行ってみる、ということに意味がないわけではない。



行ったことのある国や地域についてはいやでも特別な関心を持つようになる。自然に情報が入ってくるようになり知識も蓄積されていくという利点はある。



しかし、それはあくまで一般人の一般教養レベルの話であって、ジャーナリストならもっと特別の職業的な技法があっていいはず。
 

ユーチューブに「問題動画」、タイ政府がアクセス禁止検討

反ワチラロンコン皇太子のプレーム枢密院議長がクーデタを画策したというような内容(よく見てないけど)。


The Crisis of Siam







http://www.youtube.com/watch?v=wRcj9WDo_lU



http://www.youtube.com/watch?v=B_i5CljFpP8



2007/9/21 (14:25)| トップニュース  政治



【タイ】ロイター電によると、タイ政府はインターネット動画投稿サイト、ユーチューブに不適当な内容の動画が投稿されたとして、この動画へのアクセス禁止を裁判所に求める方針だ。



 問題の動画は「The Crisis of Siam」というタイトルで、プミポン・タイ国王側近のプレム枢密院議長(元首相、87)を昨年9月のクーデターの首謀者として非難している。音声はタイ語。動画のコメントに、不敬罪の疑いが強い書き込みもある。



 タイ政府は今年4月、国王を侮辱する内容の動画があるとして、ユーチューブへのタイ国内からのアクセスを遮断。ユーチューブがタイの国内法に違反する恐れがあるビデオをタイから見られなくするプログラムを導入したため、8月末に解禁した。



 タイには不敬罪があり、王室批判は刑事罰の対象となる。今年3月には、国王のポスターにスプレーをかけたタイ在住のスイス人男性が禁固10年の実刑判決を受けた。男性は4月に国王による恩赦で出獄、スイスに帰国した。



http://www.newsclip.be/news/2007921_015405.html


インドネシアで、「デジタル・コーラン」が人気

ニフティのプロフィールサイト「アバウトミー」(わりと生真面目な出会い系サイト)で、「海外旅行から帰った彼女がイスラム教徒になっていたらどうする」という質問を作って流してみた。



返ってきた答えはほとんど、「即別れる」、「改宗するように説得する」など。イスラム教徒は棄教できないと思うんだけど・・・・。



全体的に宗教全般を「カルト」視している人が日本人には多いように思う。日本人らしいといえるが、日本以外の世界から見るとやはり異質な感覚だということは知っておいたほうがいいのではないかと思う。



そういう感覚の中から、なんかのはずみに「宗教」にはいっていく人が出ると却って即カルトに入る感じになりがちなのではないかという気がする。社会的にカルトとはされていない福音派などに入っていく日本人一世信者の精神状態はほとんどカルトと同じではないだろうか(福音派が社会的にカルトとみなされないのはたんにアメリカの準国教だからだろうが)。仏教でも、法華経系のカルトについてはあえて論ぜず、上座部瞑想のリトリート(とくにスリランカ系団体の)などに参加する連中や指導者もほとんど気分はカルトなのが多いように思う。



また、「死んだらどうなると思う」という質問に対する答えも、圧倒的に「無になる」が多い。



「死んで無になると断言できる人、怖くない?」という質問をあえて出してみても、「怖くない」という選択肢を選ぶ人ばかり。



こういう人たちは「無」ということの意味を本当に考えた上でそういうことをいってるのだろうか。



われわれが「知る」ということがすでに有に属するとすれば、われわれは無についてはまず何も知らない、つまり無は何も知らない世界なのだということが、知識やドグマと関係なく論理的に出てくるだろう。



だから合理的な考えをする者であればあるほど、「無になる」ってことは、それだけでまったく未知の世界に放り込まれていくことを意味することがわかるはずである。これが怖くないだろうか。



また、無というのは絶対的な無でなければならないだろう。「中途半端な無」というのは論理的にありえない。だから、無というのはつねに「遡及的に無」を意味する。過去にいっときでも存在したといえるものは、そういえる限りで、無ということはできない。したがって、われわれがいま存在していることを認める以上、われわれは無を受け入れることは論理的にできないはずである。



彼らが「無になる」と即答し「怖くない」と断言できることこそ、彼らが洗脳されているドグマに基づくといえるのではないか。



こういう唯物主義的死生観が日本の文化だったといえるのだろうか。やっぱり、これこそ戦後の唯物主義洗脳教育の成果にほかならないのではないか?



戦後レジームを本気で変えたいなら、こういうところからやらないとあまり意味はないのではないかという気がするが。
   



9月21日18時26分配信 ロイター



[ジャカルタ 21日 ロイター] インドネシアの首都ジャカルタのオフィスで働くMira
Indriartiさんは小型のイヤホンに薄型の携帯プレーヤーを持ち、ほかの音楽好きの若者と同じように見える。しかし実際に聞いているのは最新ヒット
曲ではなくイスラム教の聖典コーランだ。

 世界で最も多くイスラム教徒を抱えるインドネシアでは、この「デジタル・コーラン」の人気が上昇。特に信仰心の高まるラマダン月(断食月)には、コーランを再生するプレーヤーがよく売れるという。 

 Indriartiさんは、より良いイスラム教徒を目指してコーランを学ぼうとこのデジタル携帯プレーヤーを購入。コーランをどこでも聴くことができる
と利点を述べる一方、「バスの中でコーランを読んでいると周りの乗客が驚いた様子で見ることもあるので落ち着かない」と語った。

 「iPod」と同じサイズのこのプレーヤーには、インドネシア語訳の付いたアラビア語の全文に加え、音読されたものが収録されている。愛好家らは、従来のかさばる印刷版とは違う、持ち運びやすい代替品を歓迎している。

 デジタル・コーランを販売しているArief
Syaifullahさんはロイターに対し「今月の売り上げは好調で、1日平均50個売れている」とコメント。インドネシアのイスラム教徒が宗教活動にお
いてハイテク化しつつあると指摘し、メッカ巡礼の際にもコーランを復唱できるこれらのプレーヤーを携帯すると述べた。




インドネシアでバスに乗ると物売りがコーランの額みたいなのを押し付けてきてうざくてしかたがないんですが、コーランを読んでいると驚かれるのだそうで。
   

福田氏の自民支部、朝鮮籍会長企業(パチンコ屋)から20万円寄付

まあ20万円ということですが、20万円で終わりなのかどうか。

20万円なんてカネは、普段から深い付き合いがないと却ってやれないんじゃないかという気もします。付き合いのない政治家相手ならもう少しまとまったものを贈らないと意味がないんじゃないかという気がしますが。

9月21日3時3分配信 読売新聞

 福田康夫・元官房長官(衆院群馬4区)が支部長を務める自民党群馬県第4選挙区支部が1996年と2003年、朝鮮籍の会長と韓国籍の親族が全株式を保 有する群馬県高崎市のパチンコ店経営会社から計20万円の寄付を受けていたことが20日、同支部の政治資金収支報告書などでわかった。

 会長は05年に死去するまで在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の在日本朝鮮群馬県商工会の顧問などを務めていた。03年の寄付は、福田氏が小泉政権の官房長官時代で、小泉首相(当時)訪朝で北朝鮮が日本人拉致を認めた後だった。

 政治資金規正法は、外国人や外国人が株式の過半数を持つ企業から献金を受けることを原則禁じている。福田氏の事務所は「国籍を聞くのは失礼と思い、確認 していなかった。他に同様の寄付がないか調べた上で、返金したい」と話している。違反には禁固などの罰則があるが、既に時効(3年)が成立している。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。