FC2ブログ

マラッカ航海日誌補遺

タイ人のマレーシア国内への自由入境(2キロ圏内)が来年から禁止に

現在タイ人(タイ国民)は国境から2キロ以内に限り、何の書類もなしで入国できるが、来年1月1日からこの制度が廃止になることになった。車で入国する場合は、その車がマレーシアの規制を満たしていなければならない。内務省次官が昨日、議会のロビーで発表。

この決定は、12月2日に、タイ人車両密輸業者と思われる車がクダーのBukit Kayu Hitamのイミグレーションを突破してマレーシア人係官に大怪我をさせた事件を受けたものと見られる。。。。。。

タイは、タイ人が家内奴隷のように酷使するミャンマー人労働者のメーサイへの日帰り入国にも高い金額を徴収しているので、この決定はまったく妥当なものである。

なお、タイ深南部分離運動の活動家はイミグレを通らないでもマレーシアに入る方法があるだろうから、その問題とは関係がないと思う。

また、タイのクーデタとも関係はないようである。しかし、こういうことはなんの関係もなさそうに見えてどこかでつながっているということもあるのではないだろうか。タイに対して今まで言いにくかったことがクーデタの弱みを持ったゆえに言いやすくなり、断固たる措置をとりやすくなるということもあるだろう。

日本の報道では19日のタイ株価暴落はクーデタとは何の関係もなく、すぐに回復して無問題のように報じているようである。しかし、他の国の人がそのように見ているとは限らない。ロイター通信は次のように伝えているようである。

ABN AMRO cut its investment rating on Thailand to "underweight" and questioned how the economy was being run in the aftermath of the coup - Thailand's 18th in 74years.

タイ人投資家、実業家の中にも、クーデタ政権の経済運営の無能を批判する声があるようである。

Imgp2904
NST12/22

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuantan.blog74.fc2.com/tb.php/117-37a50c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【マレーシア】について

マレーシアマレーシアは、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦制のイスラム教国。 シンガポール、タイ王国|タイ、インドネシア、ブルネイと接する。東南アジア諸国連合|ASEANの一員。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:

  • 2007/02/13(火) 16:26:13 |
  • 亜細亜ジア