FC2ブログ

マラッカ航海日誌補遺

この時期増える日本人中年個人旅行者/礼儀知らずな60歳前後の日本人

私の周りではいま、日本人の年寄りツーリストが急増している感がある。しかも個人旅行らしいのが多い。

場末の比較的わかりにくいところにあるこのネット屋には、普通の時期は日本人などめったに来ないのだが、昨日今日と立て続けに2人日本人年寄りツーリストが来た。(若い日本人ツーリストは毛唐が多い中華街のネット屋でぐだぐだやっていることが多い。毛唐ほど大声を出したり暴れたりはしないが、タイの延長で実に汚い)。

昨日この店に来た日本人はおばあさんだった。一人でふらっと店に入ってきたが、教育のあるおばあさんらしく丁寧な英語でレジに話しかけた。

しかしレジのマレー女は完全に無視。その日本人ばあさんは暫くどうしていいものかというふうにそこに立っていた。

このマレー女は毛唐のクソ婆などが入ってくるとどんなに忙しそうにしていても手を止めて「イエス、サー」で応対し、やんちゃを言ってごねる毛唐にも下にも置かぬ扱いをするのだが、日本人ばあさんに対する態度はあまりにも対照的であった。

しかし私は、経験上、ポット出の日本人ツーリストとかかわると嫌な思いをすることが多いのでこのときも日本人でないような顔をしてただ観察していた。

この店は前払い式で、スタッフが開けないうちはパソコンはロックされたままで、勝手に座って使いはじめるということは出来ない。

ばあさんは暫くつっ立ったまま時々スタッフのマレー女に話しかけ反応を見ていたが、マレー女はあくまで完全に無視。

「自分の仕事」が忙しかったからのようである。東南アジア人は、彼らは何かを始めるとそれ一つのことしか出来ない。同時に2つのことを配慮するということができない。複数の問題を処理しなければならないとなると錯乱してパニックを起こすらしい。毛唐に応対するときにはそれまでやっていたことは完全に放り出して子供のようにアテンドするのである。彼ら土人には「わかりやすい優先順位」が必要なのである。

やがて、ばあさんは頼りなさそうに「またあとで来ます」と言って出て行き、2度と来なかったようである。マレー女のほうは一貫して無視。

私はその沙汰を見て多少義侠心を刺激された。

私はこの感じの悪いマレー女に抗議した。どうして「日本人に」ああいう態度を取るんだ、貴様は薄汚いレイシストだ!と執念深く食ってかかった。何でこういうくだらないことにかかわるのかよくわからないのだが。マレー女はすぐに開き直ってUP TO YOU!I NEVER MIND!などといいやがった。「思いたければ勝手にそう思っておけ、そんなことを言われても私は気にしない」ということだろう。捨て台詞に「マレー人はレイシストだ」と言ったが全然効かなかった。

マレーシアにおいて、マレー人が「レイシスト」であることは、マレー人たちにとっては当たり前の前提であり、それを言われても痛くも痒くもないことだったのだ。そんなことは彼らにとって当然の前提であり、それを前提にした上で他の民族と何とかごまかしながらうまくやる、というのがマレーシアの複数主義である。

だから、「そういうことをするお前はレイシストだ」というせりふは、よほど上等な公共の場所で大きな声で言わない限り何の効き目もない。しかしまた、効き目がある場合にはこちらの身上しだいでは警察沙汰になる可能性もあるだろう。警察沙汰になってしまったら、マレー人に勝てるのは白人かサウジ人などしかいないに違いない。

これが昨日の話である。

次は今日の話。

先ほど、また別の中年日本人男が一人でふらっと入ってきた。60代前後という感じで、ぽっと出のツーリストらしい。

マレー女は今回は一応この爺さんを日本語の出来るパソコンに案内したが、案の定、中国語のページを開けてジャパニーズだジャパニーズだといっている。

このマレー女は本当に頭が悪い。英語を速くしゃべって得意になっているようなのだが、救いがたく頭が悪い。マレー女のこういう頭の悪さには、なかば悪意が籠っているように感じられる。

私だって、タミル文字とデヴァナガリの区別はつくし、タイ文字とクメール文字の区別もつくのである。

昨日のことがあったので、私は見るに見かねて助け舟を出してやった。

そしてやっぱり後悔した。

この日本人中年男の無礼さ。

検索さえ出来ない、グーグルさえ開けないくせに外国のネット屋に入ってきているくせに、スタッフでもない人に助けてもらえるのが当然だと思っている。

教えてやっても「ありがとう」の一言も言えないのである。

この60代と見える男は最後の最後まで「ありがとう」の一言を言わずに出て行った。子供のときに親から「ありがとうは?」と教わらなかったようである。

こういう中年オヤジにはタイでも出くわした。隣の台でYahooJapanが開けない困っている。教えてくださいと言うのではなく、ただひたすらに困った様子を見せているのである。仕方ないので教えてやろうとすると、何をいっても理解できない。結局一つ一つ全部代わりにやってやらなければならなくなる。しかし、赤の他人に全部やってもらっておきながら、彼らがそのことに感謝するということは絶対にない。

50代60代の日本人オヤジたちは、人から助けられても当然の権利ぐらいに思っていて、「ありがとう」の一言が絶対に言えないのである。

60歳前後の日本人爺たちほど礼儀知らずな人種はこの世界にいない。人間としての最低限の挨拶さえ出来ない。毛唐以下の連中である。こいつらを海外に出すな、と言いたい。

これが戦後教育、日教組教育の成果なのである

そしていま、教育基本法改正や憲法改正に向きになって反対しているのもこの連中である。彼らの主張する「自由」や「人権」の現実の内容がどのようなものであるか、想像がつくだろう。

彼らこそ朝日新聞のコアな読者層である

60歳前後のオヤジは日本の癌である。

こいつらを早くお払い箱にし養老院に隔離するか、いびり殺してしまわない限り、日本はなかなかよくならないだろう

その上このオヤジは、加齢臭がたまらなく強かった。ネット屋中が臭くなった。いなくなったあとも嫌な臭いが抜けない。ここは黒人が多い場所だが、彼らは言われているほど臭くない。毛唐も香水が臭いことは多いが、加齢臭を発散させているのには私はあまり出会ったことはない。それぞれに体臭には気をつけているのだろう。自分の臭いに無頓着なのは50過ぎの日本人オヤジだけのようである。

海外生活は難しい。

毛唐に近づけば必ず不愉快な思いをするが、日本人と関わりあいになるのはさらに危険なことがある。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuantan.blog74.fc2.com/tb.php/126-1a777034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)