FC2ブログ

マラッカ航海日誌補遺

最新パタヤ事情

毛唐のクズぶりはいろいろ書いてきたが、理屈に傾いた嫌いがある。

破廉恥罪で外国の警察に捕まってこれだけ開き直れる日本人はあまりいないだろう。

彼らが平然とこのように振舞える前提に「人種主義」以外の何があるだろうか。

(バンコク週報)

アイルランド人観光客女子大生に痴漢行為 04/10
http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=1951

Thumb_100407030753031 ニットさんの供述によれば、仕事が終わり、帰宅するためソンテオ(乗り合いタクシー)を待っていると、ビール瓶を片手にしたジェームズが近づいてきて、いきなり抱きつかれたという。その後、性器を触られ、臀部を掴まれたことから、その手を振り解き、大声で助けを求めた。

 しかし、その様子を見たジェームズは、「タイの女は皆、売春婦だ。尻を触るくらい、何でもないだろう」などと、口汚く侮辱したとのことだ。

 これにニットさんは激怒。友人に頼み、警察に通報するとともに、「裁判では徹底的して戦う」と、警察署でも怒りを露にしていた。

 一方、ジェームズはニットさんに痴漢行為を働いたこと、侮辱したことを容認。「てっきりオープンバーの従業員かと思った。バーの従業員なら身体のどこを触っても問題ないからな」とろれつの回らない口で供述していた。

ベルギー人観光客を痴漢罪で逮捕、反省の色は皆無 04/19
http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=1997

Thumb_190407041113000 事件が起きたのは東部最大の観光地パタヤ・ソイ7のハンバーガーショップ前。サシタさん(30)が友人とともにハンバーガーを注文して待っていたところ、ベルギー人観光客のグレース(38)が近づいてきて、臀部を掴まれたという。

 このため、サシタさんがグレースを罵倒したところ、泥酔している容疑者は逆に「タイの女は金で買えるくせになんだ」などと喰ってかかり、また、暴力を振るわれそうになった。そのため、サシタさんの友人は警察に通報することにした。

 警察署での取調べ中、グレースは「タイの女は皆、金が欲しいんだろう。身体を触るくらい何でもないだろう」と罵り続け、さらに、被害者のサシタさんに危害を加えようとする始末。このため、警察では酔いが醒めるまで留置所に入れることにした。

アイルランド人のように他では小さくなっているような連中も、タイに来れば「白人」として王様気分のようである。

タイ自身が独自に白人至上主義を再生産し、白人を「白人」に鍛え上げていることも否定できないだろう。

関連記事:

児童買春・チャイルドセックスツーリズムが猖獗を極めるパタヤ
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2006/12/paedophil_parad_133a.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuantan.blog74.fc2.com/tb.php/298-8f051702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)