FC2ブログ

マラッカ航海日誌補遺

白人植民地と化した日本の公共交通機関 山手線ハロウィーン騒動 Stupid Gaijin train Yamanote Halloween 2 (Nullさん提供)

JRは毛唐に媚びてこういう「治外法権遊び」を演出したようである。

鉄道警察隊もこのような危険行為に何の手も出さなかったようだ。

http://www.youtube.com/watch?v=h99S44TRAXY

日本の役人たちは「日本が白人植民地になればいいな」、と思ってるんだろうか。

シナや朝鮮よりは良い?そのわりにはシナにも十分すぎるほど寛容である。

第一、白人の植民地になったからといって、つぎにシナに転売されないとは限らない。

むしろその可能性のほうが強くなるのだ。

シナ人(タイ族を含む)はアジアにおいて、「白人の奴隷たちのボス」(いわば牢名主)としての歴史的経験を積んで来ている種族であり、そのような立場の処世にもっとも習熟している連中なのである。

白人植民地になった国で現在まともな独立国として立っている国はない。比較的豊かなイスラム国であっても例外ではない。マレーシアにいればそれがわかる。

マレーシアの新聞を見てみれば、くだらないイギリスのゴシップのようなどうでもいいネタを自分たちのニュースのように大々的に扱う。日本に関するニュースはイギリス系通信社経由のネガティブなものばかり。マレーシアではエリートほど「イギリス植民地のレガシー」にすがり付いているのである。なお、マレーシアの大臣が投資勧誘のために日本を訪問したことは日本のメディアでは報道されたようだがマレーシアではまったく報道されていない。

つまり、いったん白人に「空間の支配」を許してしまったら、どんな国でも「白人絶対が大前提の国」にならざるを得ないのである

白人に対してそれを拒めば「戦争」しかないことは十分見てきたところである。

日本人には「毛唐に媚びるアジア人ほど醜いものは歴史的にない」という認識がなさ過ぎる。


カンボジア人もミャンマー人もインドネシア人も、心ある人は「毛唐に譲ってしまったら後はまた奴隷しかない」という自覚を強く持っていると思う。これはアジア人である以上、日本人であっても変わらない原則である。

なんでも喜んで毛唐に譲っている日本人やタイ人は、喜んで白人の女奴隷になりたがり自分だけちょっといい思いをしようとしている醜い植民地アジア人の典型ということになる。

(法的に植民地にならなかったところに事実上の植民地が温存されることはこのブログで何度も述べてきた)。

われわれは、自分の人種を前提にして振舞わなければならない。日本という国を考えるとき、まずその構成人種を考えなければならない。

人間はその人種によって生まれながらに世界に立つ位置が変わってくるというのは厳然たる事実である。

日本人が白人に媚びれば媚びるほど、白人からはさらに舐められ蔑視されるとともに、さらに警戒されもするのである。白人に媚びることで国益になるかのように思い込んでいる日本人は勘違いもはなはだしいというほかない。

白人は日本人ほどナイーブな歴史観・人種観を持っていない。

教育のある白人は自分たちに有色人種から憎まれる理由があることを自覚しているし、それを大前提に出発している。だから、不必要に媚びるやつほど結局は不信を買うことになる。媚びられてうれしいのは人の常だが、それは一時的なものである。

白人に媚を売りながら白人の「完全な奴隷」であることを認めようとはしない有色人種に対して、白人はやがて強い不信と不満を抱くようになる。

たとえば白人はタイで、役人からも民間からもこれ以上ない特権を与えられ特別なホスピタリティを享受していながら、それにもかかわらず上のような理由で、しばらくするとタイ人に対して強い不満をもらすようになるものである。

白人が有色人種から憎まれる理由があることを自覚してはいるとしても、しかし、彼らは何があっても、数百年の収奪の闘いによって築いてきた白人の世界的特権を譲り渡すわけにはいかない。それは白人のアイデンティティを放棄せよというに等しいことだからである。

だから、白人が白人である以上、そして世界に有色人種が存在する以上、有色人種が白人の「完全な奴隷」としてあらゆる面で白人に屈服しない限り、白人の有色人種に対する戦い、人種戦争は終わることはない。

また、山手線でこういう「白人祭り」を許した以上、同じく山手線で「シナ人祭り」や「朝鮮人祭り」を同じような形で許可しないという理由はない。

白人祭りはだめでシナ人祭りや朝鮮祭りはダメというのは人種差別であろう。

そう訴えるものが出てきたとき白人はどう反応すると思うか?

白人甘やかしの勘違い日本人が期待しているようなものは何も出てくるはずがない。

白人は例外なく、「そうだそうだ、そのとおりだ。人種差別だ。シナ人祭りも朝鮮祭りもやるべきだ」と主張するに違いない。

白人にとっては日本および日本民族が弱体化しそうなことなら何でも良いのである。白人にとって朝鮮人など物の数でないことは言うまでもなく、シナ人とて数は多いが本気になれば敵ではないことはわかっている。

白人にとって本当に怖いのは日本人が目覚めることなのだ。白人にとっての悪夢は、アジアが「日本」を受け入れて「日本化」することである。

白人がいつか絶対に潰さなければならないと思っているのは日本なのである。シナに働きかけて日本を潰させるくらいのオプションは考えているはずである。

国境付近すなわち「辺境」のあいまいな地域で属国を白人とトレードするということは中華国家が昔からやってきたことである。たとえばタイ(シャム)の辺境の、パッタニとクランタンはいずれもマレー人のスルタンのスルタン国家だったがシャムから見れば属国という位置づけだった。それだけのことで、シャムはイギリスとトレードを行い、パッタニのシャムへの併合を確定させるとともにクランタンはイギリスに割譲するという領土処分を行った。

これと同じようなトレードを、日本の全部または一部について、シナが白人世界と行わないという保証はない。白人世界としても大歓迎であろう。

白人世界がいま日本に求めているのは日本が蓄積した富を吐き出させることだけである。
日本の富を白人世界に向けて吐き出させる自由市場のシステムさえシナが保障すれば、日本に対するシナの主権を認めることに障害はないだろう。

白人世界は、タイのような国でさえいまだ民主主義国と認定しているのである。

白人世界はタイ国家に極めて同情的であり、タイの辺境問題、少数民族問題にはまったく無関心である。

シナがタイ程度の「民主主義」の体裁を具え、白人に従順に振る舞いさえすれば(日本などに「白人租界」を認めることを含む)、白人世界はよろこんでシナの東アジア宗主権を認めるだろう。

日本をシナの属国と認めさせたうえで日本に白人の治外法権を設定することは、シナにとって何の痛痒もないことである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuantan.blog74.fc2.com/tb.php/383-7f17d2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)