FC2ブログ

マラッカ航海日誌補遺

駐在員に英語力求める=ビザ取得で検定試験義務付け-オーストラリア

8月11日7時1分配信 時事通信

 【シドニー11日時事】オーストラリア政府は先月から、同国内に長期滞在するためのビジネスビザの希望者に英語検定試験を受けることを義務付け、取得条件を厳しくした。安い給料で雇えるアジアや中東など非英語圏からの外国人労働者が大量に流入するのを防ぐ狙いとみられる。
 対象は企業がスポンサーとなる4年間の就労ビザで、商社やメーカーなど日本企業の駐在員もこのビザを取得している。交付数は年間3、4万だったが、昨年は約7万と急増した。
 検定試験は豪州や英国の大学に留学する際に求められる「IELTS(アイエルツ)」。母国語が英語の国民などは免除されるが、原則としてこの試験を受ける必要がある。 

  
アメリカのヒスパニック系、カナダのフランス語系なんかはどうなるのかね。
   

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuantan.blog74.fc2.com/tb.php/404-483b6127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)