FC2ブログ

マラッカ航海日誌補遺

ケニアの売春婦の間ではムスリム・ファッションが人気

KLでも黒い衣装で顔と体全体を覆って目だけ出しているアラブ系らしき女性はよく見かける。たいていむさくるしいことこの上ない旦那と一緒。ああいう格好してるのは堅物な人たちなんだろうなと思って見ていたが・・・・

     
8月14日15時10分配信 COURRiER Japon + hitomedia

売春婦といえば、世界中のどこでも肌の露出が多い服を着ているというイメージがあるが、ケニアの港町モンバサでは、ちょっとした変化が起きている。この町の売春婦は、イスラム教徒の女性が着る、頭から足の先までを覆う「ブイブイ」という服を着て商売をするようになったのだ。
自分に尊厳を感じられますし、警察から逮捕される確率も低くなりますからね」と、ある売春婦は語る。
「自分が罪を犯していることは知っていますが、生活のためにはこうせざるを得ないのです」
顔を明かさなくて済むのも、このファッションが魅力的な理由らしい。地元の男性客も、一般女性と見分けがつきやすいと歓迎している。しかし、彼女たちがブイブイを着用することに、敬虔(けいけん)なムスリムの女性は、怒りを隠さない。「恥ずかしくてしかたありません。ブイブイを脱いで、捨ててしまおうかと思っているくらいです」と、ある女性は言う。
市当局は、長年にわたり売春婦の一掃に努めてきたが、いたちごっこの繰り返しで、あまり成果は上がっていない。イスラム教の宗教指導者たちは、「私たちは手が出せないのだから、政府がなんとかするべきだ」と政府の介入を求めている。

BBCニュース(UK)より。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuantan.blog74.fc2.com/tb.php/409-bf13cf19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)