FC2ブログ

マラッカ航海日誌補遺

急増する軍事予算 沈黙するプレス タイ国王のクーデタ【Thai Press cowed into silence - Reuter】

軍部はタクシン首相を「はびこる腐敗」と呼んで排除したが、クーデターからたった11週のうちに軍事費34パーセントの大幅アップ、という報償を自分自身に与えた。

しかし、クーデターの前9ヶ月間テリアのようにタクシンを追いかけていたプレスは、将軍たちが指名した議会に提出された2007年予算における軍事費の増加について、批判するどころかほとんど言及さえしない。・・・・・

その理由は何よりもこのクーデターが国王のクーデターだからである。これはあとで出てくる。

プレスは、タクシンに対する激しい反感と彼を取り除くことへの快感から、全面的にクーデター賛成のスタンスを取っていた。

しかし、タクシン同様、将軍たちは新聞に直接のプレッシャーをかけている―それに新聞は概して従順である。

あるジャーナリストは言う。「『身分の高い人たち』がいつも電話をかけてきて批判的な記事をはずさせようとしていた」・・・・

新聞社に電話をかけてくる「身分の高いfigure」のなかにプミポンがいるのかどうかは、わからないところだが、

The revered figure of King Bhumibol Adulyadej is also playing a part due to the generals' careful packaging of their coup in the royal flag and draconian lese majeste laws that make criticism of royalty punishable by up to 15 years in jail.

崇められる人物であるプミポン国王もまた役割を果たしている。将軍たちがクーデタを周到に、国王の旗と厳罰主義の「不敬罪」とで包み込んでいるためである。不敬罪は、最高刑15年の懲役をもって王権・王族への批判を処罰出来るようにしている。

"Nobody knows what the line is between the monarch and the interim government - but anything to do with Crown, and the papers just won't touch it." said the journalist.

「国王と暫定政権との間にどんなつながりがあるのかは誰も知らない。― しかし国王となんらかの関係はあるのだろう。そして新聞はそれにまったく触れようとしない。」そのジャーナリストは言った。

Imgp2865
New Straits Times - Reuter

-------------------------

関係ないけど、

このNew Straits Timesのスポーツ面(アジア大会)は偏向している。これを見ていると、アジア大会はバトミントンとスカッシュとホッケーと脚バレーのような種目しかないかのように感じられる。

マレーシア選手ネタが中心になるのは仕方がないだろう。中国選手ネタに重点が置かれるのも仕方がないかもしれない。しかし、日本人選手の顔はまともに出さず、韓国選手の活躍ばかりが顕彰されていることが多いように感じられる。NSTに朝鮮人記者がいるとは思えないし、特別な関係があるわけではないだろうが、スポーツの場面で表に出てくるアジア人の特殊な感情が表現されているようだ。

日本選手は現在金メダルで3位、全メダル数で2位くらいだが、日本人選手の写真が新聞(NST)に載ることはまったくといっていいくらいない。

日本人女子バレーボール選手など、ケツだけ2人写した写真が載せられていた。

つまり、アジア全般に根付いている「日本に対する嫉妬」。

「日本人は体が小さい」(はずだ)「日本人はスポーツが弱い」(はずだ)「日本人は英語が話せない」(はずだ)さらには「日本人(女)は白人(男)にあこがれている」(はずだ)・・・・

これらはアジア各所でネットリと潤んだ目をしたアジア人青年たちがニヤニヤと日本人ツーリストに「確認」を求めてくることがらである。日本人ツーリストはたいてい地元の人が日本人について何か言うことを否定しない。うんうんと適当に相槌を打つ。それだけでも彼らは「勝利」を確認できてうれしいらしい。

耐え難いのは彼らのアプローチの気持ち悪さと心根の卑しさ。

そう思っているならそう思っていればいいものを、彼らは日本人を見つけると確認を求めなければ気がすまない。

これらのドグマはアジア人の「日本に対する嫉妬の穴埋め」として手放せないものであり、確認が必要なものだからであろう。

彼らアジア人の「競争」は自分の目標を目指してがんばることではなくて、身近なところにいる者の足から引っ張っていくことである

だから、白人が豊かでその上スポーツに優れていても平気だが、豊かな日本人がスポーツまで強かったりすることはぜったいに耐えられない。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuantan.blog74.fc2.com/tb.php/95-3c672b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)